家族でセミリタイア - パパSEの投資ブログ

このブログは、2005年から投資をしている筆者ひょしおんぬが「41歳(2024年)でのセミリタイア達成」に向けて投資に奮闘している様や、セミリタイア実現に必要な”投資”に関する情報を発信するブログです

ジム・ロジャーズ「1~2年のうちにベア相場になるかもしれない」

最終更新日:2021/1/7

 

世界3大投資家の一人とも言われるジム・ロジャーズ氏が

「バイデン政権下になって、1~2年のうちにベア相場になるかもしれない」

という発言をしています。

 

今回はジム・ロジャーズ氏「バイデン政権暴落に注意」 という記事を紹介、考察していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

今がまさに株式のバブルかもしれない

元の記事では

ロジャーズ氏も「株式市場が長い間上昇して、資金が大量に流入すると、株価が急上昇して相場が過熱するケースが多い」と言います。

「例えば、1989〜1990年の日本株や、1999年のアメリカ株がそうだった。ナスダックは、1999年の時点ですでに数年にわたり上昇していたにもかかわらず、最後の6カ月でさらにほぼ2倍になった。これが過熱相場だ」

ロジャーズ氏は「今がまさに株式のバブルかもしれない。世界の中央銀行が紙幣を大量に刷っており、市場に資金が大量に流入している」と指摘します。

 とロジャーズ氏のコメントを紹介しています。

 

多くの著名人も類似のコメントを出していますが、新型コロナ対策として大量の資金がばらまかれたことにより、全世界の金融支援の合計は13兆ドルにも上り、第2次世界大戦時の政府債務を超えるほどの金額となっています。

参考記事:インフレは本当にくるのか?

 

これら資金が市場に流入することで、株式市場は『絶好調』という状況にあるわけですが、借金に支えられた今を『正常』と表現することは出来ません。

 

普通に考えれば、上げすぎた株価は元に戻っていくということが想像できます。

(株式市場に『普通の考え』が通用するといいのですが…)

 

バイデン大統領の誕生は市場にとってマイナスと働く

バイデン大統領の誕生は市場にとってマイナスと働く

ジム・ロジャーズ氏は、

「市場にとって、バイデン氏は好ましくない。しかも、アメリカは久しく、長期のベア(弱気)相場を経験していない。このような状態は過去に例がない。つまり、今は、来るべきベア相場が大幅に遅れている状態であり、もしそれが到来したときには、私の人生で経験したことのないような最大級のものになるだろう」

「ドナルド・トランプ氏なら、それを遅らせる舵取りをするだろうが、バイデン新政権下では1〜2年のうちにベア相場が訪れることもありうる。歴史的に見ても、大統領選で支出が多くなった翌年は、何もなくても景気が冷え込むことが多い。要注意だ」

とのコメントをし、1月20日に誕生する予定のバイデン政権に対して、『株式市場にとって望ましくない政権』との評価を下しています。

 

これは

  • 法人税率の増税
  • 株式売却益の増税

といったバイデン氏のかかげている政策が、株式市場(や企業)にとって不利に働くであろうと予想されているためで、大統領選でバイデン氏が勝利する前から言われていたことです。

 

しかし、現実ではバイデン氏勝利が確実となった以降にも株価は順調に上がりつづけ、過去最高値を更新してきています。

 

これについて、ロジャーズ氏は

相場過熱時には勢いで買いが入り、上昇しているというだけで買ってしまう人も出てくる。歴史をさかのぼれば、この買い方が功を奏したことは稀だ

と、現状を説明しています。

 

いま、世間を見渡せばネガティブなニュースだらけとなっていますが、株価は真逆の値動きをしていますが、

これを『バブルが発生している』とすれば、異常な株高をカンタンに説明することができます。

 

しかし、株式市場は奇々怪々な世界で、理論とは全く異なる動きをし続けることもあるので注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

誰にも未来を読むことはできない

ここまでジム・ロジャーズ氏の言葉を紹介させてもらいましたが、どれだけ有名な投資家であったとしても、未来を読むことはできないため「ただの予想」であることを忘れず、参考にするだけに留めておきましょう。

 

特にジム・ロジャーズ氏は、心変わりが早いことでも有名で、投資先をあっさりと変更する時があります。

これはネガティブな行為ではなく『臨機応変に対応している』と捉えることができます。

 

よって、「ジム・ロジャーズ氏がこういったから、そうなんだろう」と思考停止してしまわないよう、自ら考えて行動するよう心掛けましょう。

 

というわけで、『暴落が近い』といったコメントを多く見かけるようになった昨今ですが、筆者(ひょしおんぬ)は、2021年初に100万円ほど全世界株式に一括投資しました。

 

それは

『先を読むことはできないが、長い目で見れば株価は右肩上がりで上がっていく』

ということを信じているからで、『くるか分からない暴落を待つことによる機会損失』を避け、『可能な限り早いタイミングで投資する』ことが、最も大きな資産を手に入れる方法だと考えているからです。

 

 本記事の内容が、本ブログの賢明なる読者達に届けば幸いです。

 ------------

 ツイッターでは記事の公開を通知したり、投資に関係する記事を取り上げたりしています。よろしければフォローをお願いします!

本記事が少しでも良かったと思って頂けたら、以下バナーを1日1回クリック頂けると嬉しいです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

※上のリンク先からは、本ブログの人気ランキングもご確認頂けますのでぜひ!

 

また、筆者(ひょしおんぬ)御用達の商品を楽天ROOMで公開していますので、是非ご覧ください。

  

関連記事

 

 

スポンサーリンク

 

PVアクセスランキング にほんブログ村