スパコンSEが効率的投資で一家セミリタイアするブログ

投資に有効な情報を紹介しつつ、子持ち夫婦がインデックス投資”だけ”でセミリタイアするまでの過程を公開しています

『一億総株主』を実現するためには?

『一億総株主』話題になってますねー。

 

詳しく調べていませんが、個人的な感想としては、

「いいぞ!いいぞ!もっとやれ!」

と思っています。

 

というのも、

  • このブログは「投資を始めることで人生が豊かになる人を増やしたい」という目的で立ち上げた

ためです。

 

そこで、この記事の中で『どうすれば"一億総株主"を実現できるのか?』について考察していきたいと思います。

 

<目次>

 

『一億総株主』を実現するためには?

投資をする上でリスクは避けられませんが、

  • 20年を超える期間をかける
  • 世界中の企業(& 債券)に分散投資する
  • タイミング投資をしない

さえ守れば、かなり高い確率でリターンが期待できます。

 

とはいえ、それを理解している人のほとんどは、すでに投資をしています。

 

どうやって投資家を増やすか?

そこで、

  • まずは全員に強制的に投資をさせる

なんて方法が良いのではないかと思います。

 

与党は、投資家を増やすために

  • NISAの拡充案などの提言

をしているようですが、どう考えてもそんなことで投資家は増えません。

 

というのも、投資をしていない人のほとんどは、

  • 「投資?こわい…」というイメージを持っている
  • 投資するお金がない

のどちらかである可能性が高く、NISA枠を広げたり、非課税期間を伸ばしたところで、これら人々が投資するとは思えないためです。

 

では、これら人々に投資をさせるためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

その方法として『投資は儲かるものだと理解させる』という解決策が考えられます。

『投資は儲かる』と理解すれば、なにをしなくても「投資をしたい!」と思うはずだからです。

 

そのためには、メディアやインフルエンサー等々を使って投資の知識をひろめる活動が有効そうに見えますが、正直に言ってそんなので『投資は儲かるものだ』と理解できる人は少ないでしょう。

 

むしろ、「国がむちゃくちゃ投資を推してくるんだけど…」と恐怖すら感じる人が生まれてしまうかもしれません。

 

そこで、私は『強制的に投資をさせる』を解決策として考えているわけです。

 

どうやって強制的に投資をさせる?

そのためには、

  • 投資にしか使えないお金を配って強制的に投資をさせる

なんてアイデアが使えるのではないかと思います。

 

投資をおそれる人に『投資は儲かるものだ』ということを身をもって理解させれば、すすんで投資することが期待できるでしょうし、

「お金がない」と言っている人であっても『投資は儲かるものだ』ということを身をもって理解できれば、食費を削ってでも投資を始める人が出てくるでしょう。

 

とはいえ、強制的に投資させようにも

「そんなお金ないし!」

「損したら保証してくれんのか!」

的な批判があってそう簡単には実施できないでしょう。

 

そこで、『投資にしか使えないお金を配る』にいきつくわけです。

 

もらったお金であれば、投資に回すことができるでしょうし、損をしても文句は言わないでしょう(なかには文句を言う人もいるでしょうけども…)

 

その上で、そこで問題になるのは『配ったお金をどう投資させるか?』です。

 

なにに投資させるか?

まず思いつくのは、

  • 自分で投資先を選ばないのなら、勝手にGPIFに投資させる

なんて方法です。

 

すでに投資している人であればまだしも、投資経験のない人は「このお金、どうすりゃいいの?」となってしまうでしょうし、適当な投資をしたことで損失をだし「やっぱり投資はいかん!」となってしまっては身も蓋もありません。

 

よって

  • 投資経験のない人にも『無難な投資』をさせる

ことが必要となります。

 

その為のアイデアが、

  • 国がお金を配るけど、投資先変更の手続きをしないのならば、国で決めた『無難な投資』を勝手にしておく

という考え方です。

 

そして、その『無難な投資』の代表として、『GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の投資法』が活用できそうです。

 

個人的意見としては『eMAXIS Slime 全世界株式』といった投資信託を投資先として選択して欲しいところですが、

  • イチ企業の商品を国がすすると色々もめそう
  • 株式100%の商品は、(売れないようにしてあったところで)暴落時に炎上しそう

という問題から、残念ながら却下です。

 

で、幸いにも日本には『GPIF』という『無難な投資(半分は債券に投資)をしている機関』が存在しているので、活用できそうです。

 

投資にさほど興味のない人は『国の定めたデフォルト設定』のまま変更しないでしょうし、その気になれば投資先を変更できるようにしておけば、おかしな投資が選ばれるリスクはかなり下がります。

(ただし、積立NISA対象商品のように制限をかける必要はあります)

 

しかし、『無難な商品』を選んだところで、大損する時はするのが投資です。

 

損をしたまま終わらせないためには?

そこで、

  • 投資を始めたら、20年は現金化できない

なんてルールを考えます。

 

投資は、『長期的には右肩上がりになる可能性が高いモノ』ですが、反面『短期的にはどうなってもおかしくないモノ』でもあります。

 

そこで、過去の推移を確認すると『20年以上投資を続けていれば、ほぼほぼ負けることはない』ということが分かったので、そこを一つの基準とします。

 

つまり

  • 20年以上継続して投資することができれば「投資なんかするんじゃなかった…!」という声が出てくることは(まず)ない

ということになります。

 

そこで、思い切って

  • 投資を始めたら、20年間は現金化できない

というルールを考えました。

 

また、可能であれば、

  • 事情がない限り、投資先を変更することもできない

なんてルールもあったほうが良いでしょう。

 

この二つのルールを採用すれば、かなりの高い確率で『投資で儲かった』という経験ができることになります。

 

そこで問題となるのは、

  • 20年も待たないと「投資、いいね」と思ってもらえないかもしれない

ということです。

 

投資の良さに早く気付いてもらうためには?

で、そこに対しては、

  • 子どもが生まれたら、出産一時金にプラスして投資資金を配る

なんてことが有効かもしれません。

 

残念ながら『投資』に『長期投資』は欠かせません。

 

実際は20年も待たずとも「投資やってて良かった」と思う人が増えるでしょうが、その保証はありません。

 

つまり、

  • 60歳で投資を始めたら、80歳になって投資の良さにやっと気付く

なんてこともありうるわけです。

 

これではほとんど効果がありませんので、できるだけ若いうちから投資をする必要があります。

 

が、残念ですが、すでに歳を重ねている人が若返ることはできないので、

  • もう既にお年を召している方に投資の良さを理解してもらうのは、思い切って諦める

しかないかもしれません。

 

その代わりに『これからの世代』には早くからアプローチするべきです。

 

そこで『生まれたタイミングに投資を開始させる』と考えたわけです。

 

もちろん、0歳児に投資先をえらぶ力はありませんので、うえであげたように

  • 投資はGPIFにまかせ、20年間は現金化できず、投資先も変更できない

とする必要があります。

 

そのうえで、

  • 資産の推移(投資の結果)はいつでも確認でき、毎年 or 数年に一度は資産の推移が目に付くように送り付ける

とすれば、二十歳になったころには『長期間投資をして、酸いも甘いも経験してきた投資家』が誕生するわけです。

 

20年間の投資経験があれば、「投資はいいものだ!」と理解する可能性は高く、そうなれば『自分の給与の一部を投資する』なんてのがあたり前となることに期待できます。

 

その結果、『一億総株主』が達成させるわけです。

 

まとめ:『一億総株主』を実現するためには?

といった感じで、『一億総株主』を実現するためには?について考察してまいりました。

 

まとめると

  • 投資のよさを理解してもらうために、強制的に投資をさせる
  • 生まれた時にお金を配って、0歳から投資家にする
  • 投資は、『無難』なGPIFの投資にのっかる
  • 20年間は現金化、投資先のスイッチはできないようにする

といった内容になりました。

 

繰り返しになりますが、投資は

  • 20年を超える期間をかける
  • 世界中の企業(& 債券)に分散投資する
  • タイミング投資をしない

さえ守れば、かなり高い確率でリターンが期待できます。

 

反対に言えば、

  • 数年程度の短期間の結果だけを気にする
  • 特定の企業、業界だけをターゲットにする
  • タイミングを見計らって売買する

といった投資をすれば、「投資なんかするんじゃなかった…!」という人が大量に生まれてしまうことにもなるでしょう。

 

つまり、

  • 『一億総ただしい知識を持った株主』が実現できれば、日本の将来は明るい
  • 『一億総かたよった知識を持った株主』となってしまえば、日本の将来はヤバい

と言えそうです。

 

そこで、

  • 強制的に20年にわたって無難な投資をさせる

という提案をさせてもらいました。

 

とはいえ、『投資家を増やす』を最優先課題として考えてきただけなので、

  • 20年間投資したすえに「投資ならなんでも儲かる!」と考える人が出てきて、その間違った考えによって無茶な投資をし、破綻する人が出てくる

かもしれません。

 

そこに対してのアプローチも考えていかないとですね。

 

とりあえずは、

  • 高校家庭科で始まった「お金の教育」によるマネーリテラシーの向上
  • メディア、Youtunbe、ブログなどから『正しい投資』の発信が増える

といったことに期待し、

「風邪を引いたんだったら、寝ておいた方が良いぞ」と同じレベルで

「お金を増やしたいんなら、長期分散投資をした方が良いぞ」という日常会話が普通にできる世の中になったらなぁ、と思うのでした。

 

 本記事の内容が、本ブログの賢明なる読者達に届けば幸いです。

 ------

あなたのクリックが本ブログの順位を左右します!以下バナーをクリック頂けると嬉しいです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

  

以下は関連記事です。よろしければご参照ください。

 

 ツイッターでは記事の公開を通知したり、投資に関係するニュースを取り上げたりしています。よろしければフォローをお願いします!

 

スポンサーリンク

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村 稼ぐブログランキング