スパコンSEが効率的投資で一家セミリタイアするブログ

このブログは、41歳(2024年)でのセミリタイアを計画しているスパコンSEが『コスパ重視で再現可能な投資』『人生をラクに生きるための方法』『投資・経済に関連する用語』などを解説・紹介しています

【興味深い】投信ブロガーが選ぶFund of the Year 2020の結果について考察

最終更新日:2021/1/19

 

投信ブロガーが選ぶFund of the Year 2020の結果が発表されました。

順位は後ほど紹介するとして、筆者(ひょしおんぬ)が最も注目したポイントは

  • 第3位  :VT(全世界株式ETF)
  • 第20位:VIT(全米株式ETF)

となっていた点です。

 

投資に関する報道や、SNS、販売されている書籍、などを見ていると『アメリカ株に人気が集中している』という印象を受けますが、

この投信ブロガーが選ぶFund of the Yearに関しては、圧倒的に『全世界株式』に人気が集まりました。

 

これに投票できる人は『投信ブロガーであること(運営委員会が判断)』を満たしている人だけなので、偏った人種だけであるとはいえ、全世界株式への投資をメインとしている筆者(ひょしおんぬ)にとっては、喜ばしい限りです!

 

結果を10位まで並べると、

  • 1位:eMAXIS Slime 全世界株式(オールカントリー)
  • 2位:ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • 3位:VT
  • 4位:セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
  • 5位:ひふみ投信
  • 6位:eMAXIS Slime バランス(8資産均等型)
  • 7位:eMAXIS Slime 先進国株式
  • 8位:eMAXIS Slime 全世界株式(除く日本)
  • 9位:eMAXIS Slime 米国株式(S&P500)
  • 10位:農林中金<パートナーズ>長期厳選投資おおぶね

※10位の『おおぶね』については、最後にちょっとだけ紹介します。

と、なっていました。

(筆者(ひょしおんぬ)がメインの投資先にしている投信は1位と7位でした)

 

この結果を見て、次点で興味深いと思ったのは、

  • 1国へ集中投資している投信が最高でも9位(eMAXIS Slime 米国株式)
  • eMAXIS Slime 全世界株式でも『オールカントリーが1位』『除く日本が9位』

となっている順位で、投信ブロガーの間では『とにかく分散投資』という考えが広がっているのが分かりました。

 

これは、ある意味で『当然の結果』とも言えます。

 

スポンサーリンク

 

「分からない」から全て買う

というのも、『投資信託を選択する』ということは『どの銘柄が大きく上昇するか分からないから、分散投資する』と、ある意味で『自分の能力に見切りをつけた結果』とも言えるわけですが、

例えば『NASDAQ100の投資信託に投資する』という選択は、『どの銘柄が大きく上昇するか分からない、けど、NASDAQ100が大きく上昇することは分かる』という、『その選択、ちょっと矛盾していないかな?』とも言いたくなってしまう選択に見えます。

 

特に、『経済(業績)の成長率』と『株式投資によるリターン』には『ほぼ関連性はない』と言える点からも、『○○への投資がむくわれるはず』という判断は非常に難しいです。

 

よって投資信託を活用する個人投資家の中でも、『マニアックな人々が集まっている投信ブロガー』は、『どこに投資すれば儲かるかという判断』を完全に放棄し、eMAXIS Slime 全世界株式(オールカントリー)への投票が集中したのではないかと思います。

 

いいですね!

 

さて、先にも書いた通り、Fund of the Yearの10位にランクインした(あまり聞きなれない)『農林中金<パートナーズ>長期厳選投資おおぶね』について少々触れておきます。

 

スポンサーリンク

 

農林中金<パートナーズ>長期厳選投資おおぶねについて

このファンドは、

  • アメリカ株式を主な投資先とするアクティブファンド
  • 信託報酬:0.99%
  • 組み入れ比率1位:ウォルトディズニー(7.9%)
  • 過去1年のリターン:15.36%
  • 過去3年のリターン:41.98%

といった感じで、『(いまのところ)結構優秀な投資信託』です。

 

にしても、アクティブファンドでありながら、アメリカ株投資信託の王道とも言える『eMAXIS Slime 米国株式(S&P500)』に次いで10位というのには驚きです。

5位にいるアクティブファンド『ひふみ投信』は昔から人気でしたが、それに対抗しうるアクティブファンドが登場してきましたね。

 

インデックス投資家の筆者(ひょしおんぬ)が投資先とする可能性は低いですが、これからにも期待したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

というわけで、投信ブロガーが選ぶFund of the Year 2020は『eMAXIS Slime 全世界株式(オールカントリー)』がFund of the Yearに輝きました。

2019年に続いて2連覇ということで、素晴らしい限りです。

 

なお、この投票結果は、あくまで『投信ブロガーが選ぶ』であることに注意が必要です。

先にも書いた通り、『投信ブロガー』の多くは個人投資家の中でもマニアックな部類に属するため、この結果は『投資初心者にもおススメの投資信託』とはいきません。

 

というのも、このランキングには

  • 第3位  :VT(全世界株式ETF)
  • 第20位:VIT(全米株式ETF)

と、ETFも含まれており、筆者(ひょしおんぬ)としては、

  • 配当金の再投資が必要
  • リターンを最大化するためには外国税額控除が必要

という手間のあるETFは初心者にはおススメし辛いというのが本音です。

(優秀なファンドであることに異論はありません)

 

というわけで、(繰り返すようですが)この結果は『投信ブロガーが選ぶ』であることを忘れないようにしましょう。

 

とはいえ、ここにランクインしたファンドのほとんどは『投資初心者にもおススメ』であることも確かであるため、非常に参考になるランキングといえそうです。

 

 このブログを選び、読んで頂いて感謝します。

 本記事の内容が、本ブログの賢明なる読者達に届けば幸いです。

 ------------

 ツイッターでは記事の公開を通知したり、投資に関係する記事を取り上げたりしています。よろしければフォローをお願いします!

本記事が少しでも良かったと思って頂けたら、以下バナーを1日1回クリック頂けると嬉しいです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

※上のリンク先からは、本ブログの人気ランキングもご確認頂けますのでぜひ!

 

また、筆者(ひょしおんぬ)御用達の商品を楽天ROOMで公開していますので、是非ご覧ください。

  

関連記事

 

 

スポンサーリンク

 

PVアクセスランキング にほんブログ村