スパコンSEが効率的投資で一家セミリタイアするブログ

このブログは、41歳(2024年)でのセミリタイアを計画しているスパコンSEが『コスパ重視で再現可能な投資』『人生をラクに生きるための方法』『投資・経済に関連する用語』などを解説・紹介しています

オーバーハングとは【IPO投資したのに株価が上がらないワケ】

更新日:2021/6/4

 

「IPOで株を買えたのに儲からなかった!」

という方は多くいるかと思います。

 それは『オーバーハングのワナ』にハマっているからかもしれません。

 

この記事では、

  • オーバーハングとは何なのか?
  • フェイスブックですらハマったオーバーハングのワナ

について解説していきます。

 

オーバーハングとは

オーバーハングとは、

「『新規上場した企業の株式を大量に持つ創業オーナーや大株主』が、株価が上昇したタイミングで株を売り抜けるのではないか?」

という憶測で、投資家が上場株を買うことをひかえ、株価がなかなか上昇しない現象のことです。

 

創業オーナーの多くは『上場する前から大量の株を保有している』ため、創業オーナーが利益を確定させるために株を売りにだせば、株価が大きく下落することが予想されるため、他の投資家が「買えない」と判断し、『株価が思ったように上昇しない』となるわけです。

 

フェイスブックですらIPOに失敗

実際に、2012年にナスダックに新規上場(IPO)したフェイスブックは、予想に反して株価が上昇せず、『IPOに失敗した』とされ、『史上最悪のIPO』とまで言われています。

 

フェイスブックのIPO公開価格は、38ドルだったわけですが

  • IPO初日(5月18日)の終値が、38.23ドル

と、たった0.6%しか上昇せず、さらに

  • 5月21日の終値が、34.03ドル

と公開価格よりも10%以上も低い価格にまで下落し、2012年8月には20ドルを下回るところまで下落していきました。

 

そして、この要因の一つがオーバーハングだと言われているわけです。

 

というのも、

  • 上場によってフェイスブックの時価総額は1000億ドルに達する見込み
  • マーク・ザッカーバーグ(CEO)の株式保有比率は28.4%
  • 単純計算すると、マーク・ザッカーバーグは上場によって284億ドル手に入る

と言われており、「株式を売却する可能性もある」と見られていたためです。

 

マーク・ザッカーバーグは、この上場に至るまで、フェイスブックの買収や上場に反対してきた経緯があるため、普通に考えれば『株式を売却する可能性は低い』と考えそうなものの、

IPO当時はまだ20代だったマーク・ザッカーバーグに対して、「金儲けしたいだけの若者」というイメージをもつ投資家も多く、オーバーハングにつながったと考えられます。

 

つまり、『確実な投資法』と評価されることも多いIPO投資ですが、創業者や大株主の評価によっては、オーバーハングのワナにはまり、大きく損をしてしまう恐れがあるわけです。

 

「IPO投資できれば、どんな企業でもOK!」と考えている投資家は多くいますが、フェイスブックスのような超優良企業であっても、IPOに失敗する可能性があることを理解してきましょう。

 

出典:

 

 本記事の内容が、本ブログの賢明なる読者達に届けば幸いです。

 ------

あなたのクリックが本ブログの順位を左右します!以下バナーをクリック頂けると嬉しいです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

  

以下は関連記事です。よろしければご参照ください。

 

 ツイッターでは記事の公開を通知したり、投資に関係するニュースを取り上げたりしています。よろしければフォローをお願いします!

 

スポンサーリンク

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村