家族でセミリタイア - パパSEの投資ブログ

このブログは、2005年から投資をしている筆者ひょしおんぬが「41歳(2024年)でのセミリタイア達成」に向けて投資に奮闘している様や、セミリタイア実現に必要な”投資”に関する情報を発信するブログです

ウォーレン・バフェットが社債発行で現金を調達している

最終更新日:2020/4/14

 

「投資の神様」と呼ばれるウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハザウェイが、資金の調達を急いでいます。

 

新型コロナウィルスによって市場が動揺している中、バークシャー・ハザウェイは総額1955億円の円建て社債を発行することを決めました。

 

ウォーレン・バフェットが社債発行で現金を調達している

 この情報から察するに、ウォーレン・バフェットは、現在の暴落市場を「絶好の買い場」と判断しているのだと考えられます。

 

以下記事でも書いた通り、バフェット率いるバークシャー・ハザウェイは、余剰資金が約1280憶ドル(約14兆円)あることを公表しています。 

であるにも関わらず、今回の社債による資金調達に踏み切ったということは、「今は大きなチャンス」だと判断していると言えそうです。

 

また発行する社債は、最長の40年債でも「年利2%」という日本国債よりかなり高い金利となっているため、現在の暴落相場で現金を余らせている投資家にとって、魅力的な案件と言えそうです。

 

今後もウォーレン・バフェットの動きに注視が必要

今後もウォーレン・バフェットの動きに注視が必要

さて、大型社債の発行によって2000億円近い資金の調達を予定しているウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハザウェイですが、この資金をどこに向けて使用するのか気になるところです。

 

単純に「割安となった株を買い集める」ことを目的といているだけかもしれませんし、もしかしたら「株価の急落した大企業の買収」などを狙っているのかもしれません。

 

ウォーレン・バフェットは

みんなが貪欲な時に恐怖心を抱き

みんなが恐怖心を抱いている時に貪欲であれ。

 と言っており、その言葉通り今まさに貪欲な行動をとっているようです。

 

いずれにせよ、「投資の神様」とまで言われるウォーレン・バフェットの今後の動向から目を離せません。

 

本ブログでは、これからもウォーレン・バフェットの動きをウォッチしていきます。

 ------------

 ツイッターでは記事の公開を通知したり、投資に関係する記事を取り上げたりしています。よろしければフォローをお願いします!

  

本記事が少しでも良かったと思って頂けたら、以下バナーを1日1回クリック頂けると嬉しいです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

 

よろしければ以下の関連する記事もご参照ください。  

それではまた

PVアクセスランキング にほんブログ村