家族でセミリタイア - パパSEの投資ブログ

このブログは、2005年から投資をしている筆者ひょしおんぬが「41歳(2024年)でのセミリタイア達成」に向けて投資に奮闘している様や、セミリタイア実現に必要な”投資”に関する情報を発信するブログです

ウォーレン・バフェットが天然ガス関連事業を買収【1兆円規模】

最終更新日:2020/7/8

 

 ウォーレン・バフェットがおよそ1兆円で、天然ガス関連事業を買収すると発表しました。

 

バフェットは2020年5月に開かれたバークシャー・ハサウェイの株主総会で、「魅力的な大口投資先が見つからない」と言っており、2020年3月時点のバークシャー・ハサウェイの手元資金はおよそ15兆円と、過去最大の額であったことを明かしています。

 

そんな中、ひさしぶりの大型買収のニュースが飛び込んできたので、本記事で取り上げさせてもらいます。

 

<目次>

 

ウォーレン・バフェットが天然ガス関連企業を買収

ウォーレン・バフェットが天然ガス関連企業を買収

今回買収すると発表された事業は、ドミニオン・エナジー社の保有する

  • 天然ガスのパイプライン
  • 貯蔵資産

の、事実上全てです。

 

ドミニオン・エナジー社は天然ガスパイプライン事業が上手くいっておらず、「天然ガスパイプラインの大型プロジェクト(アトランティック・コースト・パイプライン)を中止する」とも発表しています。

 

そんな中、バフェット率いるバークシャーが引き受けることになり、ドミニオン・エナジーとしては渡りに船といったところでしょうか。

 

とはいえ、エネルギー業界(再生可能エネルギー除く)は、環境保護団体や政府からも厳しく監視されており、バフェットといえども事業の立て直しは簡単ではないはずです。

 

天然ガス関連事業は厳しい

よって、ドミニオン・エナジーは「2050年までに二酸化炭素の純排出量をゼロにする」としており、従来の天然ガス関連事業から、再生可能エネルギー事業へ力を入れていくことを宣言しています。

 

よって、今回のバフェットの買収は「時代に逆行した買収(投資)」と言え、単純に考えると「何でそんな古びた事業の買収を…」と思わないでもありません。

 

そして、「時代に逆行した買収(投資)」と聞くと、以下2つのことが思い出されます。

  • バフェット最大の失敗、バークシャー・ハサウェイの買収。
  • 1950年から続くスタンダードオイル社の高い株価収益率。

 

というわけで、それぞれ簡単に解説していきます。

 

バフェット最大の失敗、バークシャー・ハサウェイの買収

バフェットは、1962年に綿紡績事業をしていたバークシャー・ハサウェイを買収しました。

 

その時バークシャーは毛織物産業の衰退により破綻寸前となっていたため、バフェットとしては「事業価値の割に安値で買収できる」と踏んでのことで、買収後も綿紡績事業を再生するべく投資を続けていきました。

 

が、「毛織物産業そのものの衰退」という時代の流れに逆らうことはできず、1985年には綿棒製事業から完全に撤退しています。

 

何となく、今回の「天然ガス関連事業の買収」に近いものを感じないでもないです。

 

バフェット(というかバークシャー)が考えている、「買収後の事業立て直しプラン」が時代を逆行していても利益が出るレベルのものでない限り、厳しい結果となりかねないな、という感想です。 

※詳しくは以下記事をご参照ください。

 

とはいえ、衰退していく業界への投資が常に失敗しているとは限りません。

 

1950年から続くスタンダードオイル社の高い株式収益率

1950年から2003年までIBMと、スタンダードオイルによる株式収益率を比較したデータがあります。

(株式投資の未来 著者:ジェレミーシーゲル にて)

 

その間、各業界の成長率(市場シェアの変動率)は

  • IBM(ハイテク業界)      :   14.65%
  • スタンダードオイル(エネルギー): -14.22%

と、面白いくらい真逆で、普通に考えれば「高い成長率にあるIBMへ投資した方が儲かる」となりますが、実際の株式投資による年間のトータルリターン(配当込み)は

  • IBM        :13.83%
  • スタンダードオイル:14.42%

 と、まさかのスタンダードオイル社が、超高度成長を遂げたIBM以上のリターンを叩き出していました。

(IBMもかなり優秀なリターンですが…)

 

「業界の成長率がマイナス14.22%」という、廃れていく業界であるのにも関わらずです。

 

この結果をもたらした理由は、

  • IBMは投資家から人気=割高
  • スタンダードオイルは投資家から不人気=割安

であったがために、割安なスタンダードオイル社は高配当銘柄となり、配当金を再投資することで大きなリターンを得られたわけです。

 

すなわち、「人気がなく衰退していく事業」であったとしても、「投資によるリターンが低迷する」わけではありません。

 

天然ガス関連事業の買収の結果がどうなるかに期待

というわけで、衰退していく事業への投資は、上手くいけば大きなリターンが期待できますが、時代の波に流されて、どうしようもなくなる可能性もあります。

 

バフェット率いるバークシャーのことなので、勝算なく1兆円規模の投資に手をだすことはないとは思いますが…。

 

なお、バークシャーのエネルギー部門担当はグレッグ・アベル副会長で、今回の買収を主導したのではないかと言われています。

今回の買収による結果が、バフェットの後継者争いにも影響してきそうで、ちょっと楽しみです。

 

最後に話を戻すと、ひさしぶりにバフェット率いるバークシャーの大型買収の案件が表にでてきました。

新型コロナによる暴落後、バフェットは「世界が変わった」と言い、バフェットは”売り(航空株全売りなど)”にばかり注目されていました。

 

しかし、買収に動いたということは「”変わった後の世界”が見えてきた」とも言え、少し明るいニュースといえそうです。

 

とはいえ、「バフェットの行動だから100%正しい」といったことは当然なく、これからもバフェットの行動に注視していきたいと思います。

 

個人投資家はバフェットの行動を”参考”にし、”模倣”することがないよう、しっかりと自分の頭で考えて行動していきましょう。

 

 本記事の内容が、本ブログの賢明なる読者達に届けば幸いです。

 ------------

 ツイッターでは記事の公開を通知したり、投資に関係する記事を取り上げたりしています。よろしければフォローをお願いします!

  

本記事が少しでも良かったと思って頂けたら、以下バナーを1日1回クリック頂けると嬉しいです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

 

よろしければ以下の関連する記事もご参照ください。 

 

  

それではまた

PVアクセスランキング にほんブログ村