家族でセミリタイア - パパSEの投資ブログ

このブログは、2005年から投資をしている筆者ひょしおんぬが「41歳(2024年)でのセミリタイア達成」に向けて投資に奮闘している様や、セミリタイア実現に必要な”投資”に関する情報を発信するブログです

バフェットが銀行株を売り、金鉱株を買うことの意味【仮想通貨の時代も?】

最終更新日:2020/8/31

 

 各所で「バフェットが金融株を売って、金鉱株を買った」騒がれているので、このブログでも取り上げたいと思います。

 

騒がれている理由に、

  • バフェットは金融株がお気に入りだった(保有比率が高かった)
  • 株主への手紙で「金を持っていても役に立たない、配当も生まない」と言っていた

といったことが挙げられ、金鉱株を買ったことに対して「今までの発言と違うじゃないの!」という趣旨でのコメントが目立ちます。

 

バフェットは、金鉱株を買った理由を明確にはしていませんので、本記事で考察していきたいと思います。

(筆者ひょしおんぬ個人の考察です)

 

<目次>

 

バフェットが銀行株を売り、金鉱株を買うことの意味

バフェットが銀行株を売り、金鉱株を買うことの意味

バフェットが金鉱株を買った理由をシンプルに考えると

  • これから金の価値が上がっていくと予想されるため

となるわけですが、その理由は

  • 新型コロナの経済対策で、各国が巨額の財政出動をしているから

と考えられます。

 

『金の価値が上がる』ということは『現金の価値が下がる』とも受け止めることが可能で、各国が新型コロナ対策によって大量のお金を市場に流していることによって、『お金あまり』が発生、インフレが進むことで、相対的に『金の価値が上がる』となるわけです。

関連記事:【買い時?】ゴールドが過去最高値に【通貨の信頼が落ちている】

 

よって『金融株を売って、金鉱株を買う』という行動になるわけです。

 

というわけで、個人投資家の中には、バフェットのこの行動を参考にして、

「よっしゃ!金の時代だ!金を買うぜ!」

と考える方もいるかもしれませんが、ちょっと待ってください。

 

スポンサーリンク

 

『金を買う』のと『金鉱株を買う』のは全く違う

バフェットが買ったのは『金鉱株』であって、『金』ではないことに注意が必要です。

 

「ほとんど一緒じゃね?」と思うかもしれませんが、明確に違い、

  • 金鉱株(企業)は株主のために働いてくれる
  • 金は持ち主のために働いてはくれない

というのが最大の違いです。

 

つまり『金鉱株を持っていれば、金の価値が上がらなくても『企業の利益』を受け取ることができる』わけで、それは金を持っていても得られない利益です。

 

というわけで、考えようによっては、バフェットが金鉱株を買った理由は

  • これから金の価格が上昇すると予想した

のではなく、

  • 金鉱株が割安だったから

だけかもしれません。

(実際に実績PERは12倍程度と、比較的割安でした)

 

よって、個人投資家は早計な判断で投資をすることなく、冷静に状況を判断する必要があります。

 

また『現金の価値(信頼)が落ちると、金の価値が上がる』のは今まで通例でしたが、今回もそうなるとは限りません。

 

現金、金の代わりに仮想通貨が台頭する可能性あり

「現金の価値がなくなるかも!」ということで金を保有することは、資産を守る上で適切な行動ではありますが、日常の取り引き(買い物など)で金を使うことは簡単ではありません(けっきょく現金にしないと使えない)

 

そこで、『資産の退避先』&『通貨として使用可能』なものとして、仮想通貨が台頭してくる可能性もあります。

 

以下記事でもまとめた通り、仮想通貨はキャッシュレス化が進んでいく中で有力候補の一つと言え、この流れによって仮想通貨の信頼・需要が高まれば、新たな『資産の退避先』としても十分に機能してくれることが期待できます。

関連記事:現金使用のコストは年間8兆円!!【仮想通貨の時代がくるか?】

 

ただし、

  • 1000以上ある仮想通貨のどれの需要が高まるか分からない

という問題はあり『投資目的で適当な仮想通貨を保有している』のでは、まったく報われない可能性もあります。

関連記事:仮想通貨の今後とITバブル【”一部”仮想通貨の将来は有望】

 

いずれにせよ、新型コロナによって『時代の変わり目』が来ていくことに変わりはなく、『変化した新しい世界』を正確に読むことができれば、大きなリターンを生むことが可能だと言えそうです。

(できれば、ね)

 

スポンサーリンク

 

まとめ:現金の価値は下がっていく可能性が高い

ここまで記事にさせてもらった通り、新型コロナの経済対策によって現金の価値が下がっていく(インフレ)可能性が高いです。

バフェットの『金鉱株の購入』も、その理由付けの一つとできます。

 

とはいえ、実際に現金の価値が下がったところで、代替品が”金”となる保証はなく、”仮想通貨”が台頭してくる可能性も十分に考えられます。

 

現時点ではどうなっていくのか、正確に予想することは出来ませんが、「面白い時代がきたもんだ」と個人的には思っています。

 

これからは、予想もできなかった事象が色々と起きてきそうです(今までもそうでしたけどw)

ひょしおんぬのように『無難に資産を増やしていければいい』と考えている投資家は、どんな事態が起きても対処できるよう、リスク分散を心がけ、しっかりと分散投資を継続していきましょう。

 

間違っても

「何が起こるか分からないから、資産の全てを現金にしておこう!

 これが一番安全でしょ!」

という勘違い行動を取らないようにしましょう。

関連記事:ノーリスクな投資について検討してみる【現金にもリスク有り】

 

 本記事の内容が、本ブログの賢明なる読者達に届けば幸いです。

 ------------

 ツイッターでは記事の公開を通知したり、投資に関係する記事を取り上げたりしています。よろしければフォローをお願いします!

本記事が少しでも良かったと思って頂けたら、以下バナーを1日1回クリック頂けると嬉しいです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

 

よろしければ以下の関連する記事もご参照ください。

 

以下は、本ブログの読者たちに”最も伝えたい内容”を整理した記事です。

筆者はこの記事で紹介する本たちの力によって、大きな資産を手に入れ、セミリタイア計画を遂行出来ています。

本ほど『低いコストで大きいリターンが得られる投資(人生を豊かにするもの)』は他にはありません。  

 

本ブログのメインテーマとなる記事です。

平凡なサラリーマンがセミリタイアする方法をまとめてあります。

その気にさえなれば誰にでもセミリタイアできることが理解頂けるはずです。

 

関連記事

 

PVアクセスランキング にほんブログ村