家族でセミリタイア - パパSEの投資ブログ

このブログは、2005年から投資をしている筆者ひょしおんぬが「41歳(2024年)でのセミリタイア達成」に向けて投資に奮闘している様や、セミリタイア実現に必要な”投資”に関する情報を発信するブログです

【全世界株式比較】eMAXIS Slime 日本除くvsオールカントリーvs楽天VT

最終更新日:2020/11/19

 

多くの人が悩むであろう『全世界の株式に分散投資のに適した投資信託は?』について考察していきます。

 

おおくの個人投資家にとって『最も無難な投資』ともいえる、『全世界の株式に分散する投資信託』ですが、多くの人は以下3つの商品のどれにするか、悩んだのではないでしょうか。

  • 楽天・全世界株式インデックスファンド
  • eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)
  • eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)

正直に言って

「どの商品を選んでも大差ないし、今後どの投信がパフォーマンス良いかなんて分からんよ」

というのが本音ではあります。

とはいえ『3商品すべてを買う』という選択も美しくないので、本記事の中でパフォーマンスを比較し、『○○な人は○○を選ぶべし』について考察していきたいと思います。

 

最初に結論だけ書いておくと『やっぱり、どれを選んでも大して変わらない』となります。

よって『どの商品を選ぶか?』という問いに対しては、

  • コスト(信託報酬)をどう受け止めるか
  • 『除く日本』という選択は、投資先の選定にならないのか

という2点がポイントとなってきそうです。

 

また後半では、筆者(ひょしおんぬ)の選択も公開させてもらいますので、参考にしていただければ幸いです。

 

では、さっそく見ていきましょう。

 

<目次>

  

スポンサーリンク

 

全世界株式の投資信託のパフォーマンスを比較

商品の説明なんかはおいといて、まずはパフォーマンスを見てください。

全世界株式の投資信託のパフォーマンスを比較

※オールカントリーが販売された、18/10/31を100ポイントに統一してあります

 

予想通りですが、グラフで見て分かるほどの差はないですね。

細かく確認するために、11月中旬での成績(数値)を並べると、

  • 122.80ポイント:eMAXIS Slim(日本除く)
  • 122.01ポイント:eMAXIS Slim(オールカントリー)
  • 120.61ポイント:楽天・全世界株式

となり、多少は差が出ていることが分かります。

 

なお、この順位はほぼ全期間を通して同じとなっています。

そして、『楽天・全世界株式』が比較的に出遅れてれているのには『信託報酬が高いから』という明確な理由がひとつあります。

 

全世界株式の投資信託の信託報酬を比較

3つの(実質)信託報酬を比較すると、

  • 0.11%:eMAXIS Slim(日本除く)
  • 0.11%:eMAXIS Slim(オールカントリー)
  • 0.21%:楽天・全世界株式

と、『楽天・全世界株式』だけが抜けていることが分かります。

(とはいえ、十分に低いですが…)

 

この『0.1%の差』は

  • 100万円投資していた場合、毎年1000円の差がつく

という、わりと『微々たる差』ではあるものの投資期間が長くなればなるほど、(複利の効果もあいまって)差は広がっていきます。

参考記事:投資信託の信託報酬による差をシミュレーション

 

よって、『3つの投資信託の投資パフォーマンスに優劣が無い』という前提に立てば、

  • 楽天・全世界株式を買うという選択肢は選びづらい

という結論になります。

 

とはいえ、3つの投資信託にはそれぞれ特長もありますので、簡単に見ていきましょう。

 

全世界株式の投資信託の特徴を比較

全世界株式の投資信託の特徴を比較

簡単に『投資先』についての特徴を書くと、

〇楽天・全世界株式

→ 全世界の大型・中型・小型株に投資

 

〇eMAXIS Slim(オールカントリー)

→ 全世界の大型・中型株に投資

 

〇eMAXIS Slim:全世界の大型・中型株に投資

→ 日本を除く全世界の大型・中型株に投資

※『…に投資』と書いていますが、実際は「…に投資しているのと同じリターンを目指す構成」です。

 

といった感じで、上から順に分散範囲が狭まっていきます。

 

よって「とにかく広域に分散したい!」という人は楽天・全世界株式を選ぶべき、という選び方になります。

 

とはいえ「でも、楽天・全世界株式は信託報酬が高いからヤダよ」という考えもあると思いますので、どのようにして選ぶべきか、筆者(ひょしおんぬ)の考え方を紹介させてもらおうと思います。

 

スポンサーリンク

 

リターンが悪くても納得できる投資先を選ぶべし

その考え方は、

『自分の選んだ投信よりも、他の投信の方が高リターンだったとしても「しょうがないか」と納得できるかどうか』

になるかと思います。

 

具体的には『全世界株式 日本除く』に投資していたが、『全世界株式オールカントリー』の方が高成績だった際に、「くそー!」とならないかどうか、といった考え方です。

 

そこを考える上で重要なのが、以下のポイントです。

 

『全世界株式』への投資を考えているのであれば、あなたは『どこに投資すれば高いリターンが得られるのか分からない、と判断した(諦めた)人』ということかと思います。

で、あるのにも関わらず、例えばeMAXIS Slime の2商品から選ぶ場合、

  • 『日本除く』を選ぶ=『日本のパフォーマンスは悪い』と判断した

と、『諦めたはずの『投資先を選ぶ』という手段をもちいた』ことになります。

 

そのように、自分の判断による投資をした結果、パフォーマンスが劣っていれば「諦めて投資していたはずなのに、何でこれを選んでしまったのやら…」と、メンタルにダメージを受けることが予想されます。

 

逆に『オールカントリー』を選んだ結果、パフォーマンスが劣っていたとしても「元より投資先を選ぶことを諦めているので、高いパフォーマンスが得られないのは予想通りだ」と、何のダメージも受けません。

 

そう考えると、『楽天・全世界株式が最善の選択』という結論が見えてきます、が、こいつは『信託報酬が高い』という大きな弱点があります。

うーむ…。

 

というわけで、最後に『筆者(ひょしおんぬ)はどうしたか』について書いていきます。

 

どの商品を選ぶべきか

筆者(ひょしおんぬ)の結論は、

  • eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)一択

となりました。

 

それは、

  • 信託報酬が高い楽天・全世界株式はなし
  • 『日本を除く』という自分の判断を入れるべきではない

の2点からです。

 

『投資先』だけに焦点を当てると、圧倒的分散をしている『楽天・全世界株式』がもっとも魅力的ですが、いかんせん信託報酬が高いです…。

 

全世界株式への投資は、筆者(ひょしおんぬ)にとってメインの投資先となるため『数千万円の資産を預ける』ことになります。 

信託報酬が『たった0.1%の差しかない』としても、毎年数万円ほど余分に信託報酬を支払うことになるため、見逃せる差ではありません。

 

また『日本除く』に関しては、確かに日本は『少子高齢化』『政府の財政不安』などから、『先行きが暗い』と考えることは可能ですが、そんな『分かり切った情報』を頼りに投資先を選ぶことは避けることにしました。

 

というわけで、eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)をメインの投資先の一つとして選んだわけです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ:リターンの差に大差はないものの後悔のない選択を

ここまで記事にさせてもらった通り、

  • 楽天・全世界株式インデックスファンド
  • eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)
  • eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)

にリターンの差はほとんどないものの、それぞれが特徴を持った商品です。

 

どれが『正解』というわけではありませんが、自分の投資先のパフォーマンスがイマイチだった場合でも『後悔しない選択』をしましょう。

 

なお本記事では、『除く日本』は良いところ無し、のようになってしまいましたが、

  • (優待目当てなどで)日本株に個別に投資している
  • 日本円での貯金を多く持っている
  • 日本の不動産を持っている

などから、「これ以上日本への投資比率を高めたくない」という判断のもと、『除く日本』を選ぶのはアリだと思います。

 

何にせよ、じっくり考えて『何があっても自分が納得できる投資先』を選ぶようにしましょう。

 

 本記事の内容が、本ブログの賢明なる読者達に届けば幸いです。

 ------------

 ツイッターでは記事の公開を通知したり、投資に関係する記事を取り上げたりしています。よろしければフォローをお願いします!

本記事が少しでも良かったと思って頂けたら、以下バナーを1日1回クリック頂けると嬉しいです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

  

関連記事

 

 

スポンサーリンク

 

PVアクセスランキング にほんブログ村