スパコンSEが効率的投資で一家セミリタイアするブログ

このブログは、2024年(41歳)でセミリタイアする予定のスパコンSEが『コスパ重視で再現可能な投資』『人生をラクに生きるための方法』『投資・経済に関連する用語』などを解説・紹介しています

「人口が減ったら格差がなくなるんじゃないのか」と想像してみる

f:id:hyoshionnu:20210712154036j:plain

 「人口が減りだしたら株式投資で儲けられなくなる」って正しいの?の続きで、筆者のただの妄想です。

 

前回は、

「人口が減っても、貧しくなることはないし、投資によるリターンも減らないんじゃないか」

という結論に至りましたが、その後

「人口が減ったら、みんなが等しく豊かになるのではないか?」

とすら考えています。 

 

金持ちの老人が死んだら、そのお金はどこへ向かう?

『人口が減る』というのは『高齢者から死んでいく』と考えられます。

 

そして、日本では「老人ほどお金を持っている」と言われている(労働年月が長いのであたり前)わけなので、「お金を持っている人から死んでいく(可能性が高い)」とも言えます。

 

そして、筆者は「金持ちが死ぬと、そのお金は社会に還元されていく」と考えています。

 

金持ちが死ぬと、そのお金は

  • 遺産を相続して遺族に
  • 相続税として国に

渡されることになります。

 

相続税は言わずもがなですが、国民のために使用されることになるので、ある意味『全国民に平等に分配される』と言えます。

(『全額が国民のために使用される』とは言えませんが…)

 

相続税で皆に還元される

とくに日本の相続税は、累進課税となっており

  • ~1000万円:10%
  • ~3000万円:15%
  • ~5000万円:20%
  • ~      1億円:30%
  • ~      2億円:40%
  • ~      3億円:45%
  • ~      6億円:50%
  • 6億円以上  :55%

と、最高税率は55%となっており、外国(以下参考)と比べるとかなり高くなっています。

  • アメリカ:最高40%
  • フランス:最高45%
  • イギリス:一律40%
  • 中国  :相続税なし

 

さらに言うと、相続税は相続する子供の数が多ければ多いほど優位になる(相続税の支払い額が少なくなる)制度ですが、世界的に出生率が低下(以下グラフ)し続けているので、相続税による徴収額が多くなることが予想されます。

 

f:id:hyoshionnu:20210709175051p:plain

 

つまり、

  • 老人のお金が、今まで以上のペースで(国を通して)還元されていく

ことになるわけです。

 

とはいえ、

  • 本格的なお金持ちは、しっかりと相続税対策をしているからそれほど税金を取れない

という問題もあります。

 

しかし、(相続税として徴収されずに)子供に相続された資産も、急ペースで社会に還元されていくのではないかと筆者は想像しています。

 

遺産相続した遺族を通じて皆に還元される

というのも、

  • 自分の努力や成果と関係ないところから大金を入手した人は、そのお金を散財してしまう

と考えているからです。

 

これは、よく聞く

  • 宝くじで大金を当てた人の中には、金銭感覚がおかしくなり生活が破綻する人がいる

ことからも想像でき、もっと身近な例をあげると、

  • パチンコで大当たりした日は、ちょっとした豪遊をしてしまう

といった人が多いことからも間違いなさそうです。

 

これによって

  • 思わぬ大金を手にしてしまった人は、消費活動を通じてお金を市場に放出することとなる。
  • 放出されたお金は、『消費税』や『企業の利益』となり、結果的には『国民』『労働者』に還元されることになる。

わけです。

(『株主』であれば、より多く還元されることは言うまでもないでしょう)

 

そして、人口減少社会という

  • 死んでいく人の数が多い
  • 還元される若者が少ない

時代においては、『一人当たりに還元される量』が多くなるのは間違いありません。

 

つまり

  • 人口減少によって、多くの人が豊かになる

と考えられるわけです。

 

さらに言うと…、

(筆者の身近な人物をもとに、勝手に想像して語っていきます。不快に思った方がいたらすみません。)

 

大金を相続する人は、『裕福な親のもとで育った人』となるわけですが、そういった人は、一般的なマネーリテラシーが身に付かないまま育つ割合が高いです。

 

いわゆる、

  • ドラ息子
  • ボンボン
  • 世間知らず

といった表現をされる人たちのことです。

 

こういった人々が、親から大金を相続した時にどうなるかというのは想像に難くなく、一般的な人よりも張り切って市場に還元してくれることが期待できます。

 

つまり、『人口の減少』によって、

  • (マネーリテラシーのない)お金持ちが、お金を放出する
  • そうでない人々が、お金を受け取る

こととなり、

  • 結果として格差がなくなる

と考えているわけです。

 

…なんてことを想像してきたわけですが、もしこれが正しかったとしても、

「みんなにお金が平等に配られたところで、インフレになるだけなので、誰も豊かにならないんじゃないの?」

とも思いました。

 

ここら辺の考察は、またいずれ。

  

 本記事の内容が、本ブログの賢明なる読者達に届けば幸いです。

 ------

あなたのクリックが本ブログの順位を左右します!以下バナーをクリック頂けると嬉しいです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

  

以下は関連記事です。よろしければご参照ください。

 

 ツイッターでは記事の公開を通知したり、投資に関係するニュースを取り上げたりしています。よろしければフォローをお願いします!

 

スポンサーリンク

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村 稼ぐブログランキング