投資信託でセミリタイア - パパSEのブログ

投資信託へ投資するパパSEが40代でのセミリタイアを目指し、実践している投資手法、投資成績や節約術を記事にしていきます。2020年1月時点(計画立案から3年)で1700万円の資産形成に成功しました。

年金2000万円問題とは

 いまだに「年金2000万円問題」を「年金が破綻した」と勘違いしている人が多く見受けられますので、今更ながら記事にします。

 

「年金2000万円問題とは」

「年金2000万円問題」とは金融庁が発表した「現在の老後の生活を確認したところ、年金だけでなく資産を取り崩しながら生活している人がいる。平均すると2000万円程度の資産を取り崩している」というだけの話です。

年金受給者の資産状況は人によってそれぞれで、当然現在も「資産0で年金だけで生活している人」や「数十億の資産を取り崩しながら生活している人」など様々います。

それを何故か「年金は破綻した。皆2000万円貯蓄しておかないと生きていけない」と謎の解釈をする(しかも広げる)人たちが何故かいます。

 

「対策」

よって「年金2000万円問題」の対策は不要です。

「収入が少なければそれ相応の生活をする」のは現役労働者であっても年金受給者であっても同じです。 

「老後に平均的な暮らしをしたい」のであれば2000万円貯蓄して備えればいいし、「老後の生活なんて気にしない」のであれば貯める必要はありません。

また、定年の年齢を迎えたからといって引退する必要はなく、働けるだけ働けばもっと裕福な生活が可能です。

人それぞれ「どうしたいか」しだいです。

 

ただし、ゆとりある生活を送るためには投資・節約が近道であるとは思いますので、「年金2000万円問題」とは関係なく、しっかりと考える必要があると思います。

 

「日本年金機構の運用成績について」

「日本は年金の運用で損している」と間違った認識をしている人が多くいるので、運用成績を記載ます(年金積立金管理運用独立行政法人より:2019年度第1四半期末現在)

 

・2001年~(直近18年) : 年利3.03%

・2008年~(直近10年) : 年利5.05%

途中リーマンショックがあった2001年~でも年利3%以上を達成しています。

金額ベースでいうと、以下感じ。

・運用総資産:160兆円

・運用利益額: 66兆円

 

見ての通り66兆円という大きな利益を出しています。

特に年金の運用では一時的にでも大きく減らすコトが許されないため、値動きが穏やか(上がりづらく下がりづらい)な債権のをそれなりな割合(50%程度)を保有しているのにも関わらず、上記実績を上げています。

にも拘わらず「損している」と勘違いしている人が多いのは、「(短期的に)損をした瞬間」 を切り取って「年金運用で大損したぞ!」と大きな声を出す人たちがいるからです。

そういった声に惑わされないようお気をつけください。

 

「年金2000万円問題の勘違いによる功績」

「年金2000万円問題」が報道されてから、老後への貯蓄や資産運用に関する話を聞く機会が増えました。

これを気に貯蓄や資産運用を真剣に考える人が出てきたのであれば、良い効果があったといえます。

 

偶然かもしれませんが、同じ頃に友人の一人はブログを開始し、一人はYoutuberになりました。

「お金のことは漠然と心配しているが一歩踏み出せない」という人からしてみたら、「年金2000万円」がその一歩を後押しすることになったかもしれません。

 

まとめ

「年金2000万円問題」は「問題」ではなくただの「提言」です。

人それぞれライフプランがあると思いますので、それに合わせた貯蓄をできるよう計画を立てていけばいいと思います。

また「大きな声で間違ったコトをいう人たち」に惑わされないよう、自己防衛する術(知識など)を持っておきたいところです。

 

それではまた。

 

以下クリック頂くとひょしおんぬのやる気がでます

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村