スパコンSEが効率的投資で一家セミリタイアするブログ

このブログは、41歳(2024年)でのセミリタイアを計画しているスパコンSEが『コスパ重視で再現可能な投資』『人生をラクに生きるための方法』『投資・経済に関連する用語』などを解説・紹介しています

世界最大の資産運用会社ブラックロック vs バンガード【比較】

f:id:hyoshionnu:20210706155848j:plain

日本人投資家が増えるのに合わせて、日本の証券会社が販売する優秀な投資商品が増えてきました。

 

しかし、実績や信頼、ブランド、企業の規模などでは、

  • ブラックロック(iシェアーズETFシリーズの販売元)
  • バンガード(VTIやVTなどの販売元)

といった『世界を代表する運用会社』にはまったく及んでいないのが現状です。

 

この2企業は日本の個人投資家かからも絶大の人気・信頼を得ていますが、肌感覚的にはバンガード社のほうに人気があるように思えます。

 

そこでこの記事では、バンガードとブラックロックを比較しながら、両社を紹介していきたいと思います。

 

ブラックロック vs バンガード

まずは、2020年時点の両社の概要を比べてみましょう。

 

■ バンガード

  • 設立  :1975年
  • 従業員数:17,600人
  • 運用資産:7.1兆ドル
  • 収益  :69.4憶ドル
  • 個人投資家向けのインデックスファンドを世界で初めて設定

 

■ ブラックロック

  • 設立  :1988年
  • 従業員数:16,500人
  • 運用資産:9.0兆ドル
  • 収益  :160.0憶ドル
  • 世界最大の資産運用会社

 

どちらも歴史ある企業で、従業員数や運用資産を見ると『同じ程度の規模』となります。

しかし、収益に関しては、ブラックロックの圧勝(バンガードの2.3倍)となっています。

 

これは、バンガードの創業者である故ジョン・ボーグル氏の

「投資家のためのリターンを最優先するファンドであれ」

「可能な限り信託報酬を下げよ」

という思想によるものかもしれません。

参考記事:【要約】航路を守れ バンガードとインデックス革命の物語 著:ジョン・ボーグル

 

というわけで、両社の商品(ETF)を比較していきましょう。

 

ETFの経費率を比較

比較するのは、経費率(投資信託でいう信託報酬)です。

※ものによっては連動している指数が違いますが、ご容赦ください

※最後の()内は、資産総額で『億ドル』単位です。

 

S&P500指数に連動するETF

  • バンガード  :VOO:0.03%(2340.0)
  • ブラックロック:IVV  :0.03%(2877.8)

全世界株式に連動するETF

  • バンガード  :VT :0.08%(219.3)
  • ブラックロック:ACWI:0.32%(169.0)

新興国株式に連動するETF

  • バンガード  :VWO:0.10%(835.8)
  • ブラックロック:IEMG:0.11%(831.6)

 

とうわけで、主要なETを紹介させてもらいましたが、経費率は『ほぼ同じ』か『ブラックロックの方が高い』という状況にあります。

 

とくに、全世界株式連動型の差は大きく、ブラックロックの方が4倍高い経費率となっています。

連動している指数が違うので、公平な評価ではないかもしれませんが、この差は気になるところで「さすがジョン・ボーグル!バンガードは素晴らしい!」と言いたくなります。

 

続いては、そんなバンガードについて少し紹介します。

 

バンガードとは

バンガードは1975年に誕生しているわけですが、前身であるウェリントン・ファンドは1929年に誕生しており、かなり歴史のある企業であることが分かります。

 

なお、『バンガード』の名称は、アメリカ独立戦争・ナポレオン戦争で活躍し、イギリス海軍のネルソン提督(世界三大提督の筆頭と言われる)が載っていた軍艦『Vanguard』からとっています。

 

そして、前述した通り、バンガードは『コスト』を重要視しており、公式HPでは『ヴァンガードを際立たせるもの』のひとつとして、

バンガードは業界で最も低いコストで商品を提供してきました。

実際に、2020年のファンドの資産加重平均費用比率(投資家が支払った平均コスト)は0.09%でした。

これは、業界(Vanguardを除く)の平均である0.54%よりもはるかに低く、コストに約83%もの差を出しています。

この差は、年月とともに大きく広がっていくため、投資家は時間の経過とともにより多くの収入を得ることができます。

長期的な影響は驚異的です。

と、『バンガードが低コスト商品を提供していること』を強調しています。

 

ブラックロックとは

比較しているブラックロックは、1988年設立と、バンガードよりは歴史が浅いものの、

  • 運用資産:9.0兆ドル

と、世界最大の資産運用会社です。

 

現在は、30か国に事務所をかまえ、100か国に顧客を持つ巨大企業となっています。

 

あまりに巨大になりすぎたことで、多くの企業に多額の投資をしている(株を保有する)こととなり、

  • 兵器を製造する企業に多額の投資をしている!
  • アマゾンの森林破壊をしている企業に投資している!

といった批判を浴びることもあります。

 

また、投資信託やETFだけでなく、巨大なヘッジファンド(ベンチマークを持たず、下落相場でもリターンを狙う)部門を持っているのもブラックロックの特徴のひとつです。

 

なお、ブラックロックの公式HPでは、『ブラックロックの原則』のひとつとして、

私たちは、クライアントの利益を最初に考えます。

資産運用には、私たちの誠実さと、私たちがクライアントに与えるアドバイスを反映しています。

そして、『資産運用が、人々により良い未来を届けるのを助ける』という考えが、私たちのモチベーションとなっています。

と、バンガードと同じような考えを挙げています。

 

にしては、

  • 年間収益 :160.0憶ドル
  • 年間純利益:  50.0憶ドル

は、「儲けすぎじゃないかなぁ」「もっと信託報酬、経費率を下げられるでしょ」と筆者は思ってしまいます。

 

まとめ:ブラックロック と バンガードを比較してみました

といった感じで、世界最大規模のヘッドファンドを紹介させてもらいました。

 

ブラックロック、バンガードの両社が同じ程度の規模であるからこそ、両社の競争が生まれ、圧倒的に安価(低い経費率)な商品が生まれているのではないかと思います。 

 

筆者をふくむ『投資先の銘柄を選ぶことを諦めた個人投資家』にとっては、ブラックロック、バンガードのような企業が存在してくれているのは、非常にありがたいことです。

 

これからも両社がしのぎを削り合い、すばらしい商品を生み出し続けてくれることに期待します。

 

出典:

 

 本記事の内容が、本ブログの賢明なる読者達に届けば幸いです。

 ------

あなたのクリックが本ブログの順位を左右します!以下バナーをクリック頂けると嬉しいです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

  

以下は関連記事です。よろしければご参照ください。

 

 ツイッターでは記事の公開を通知したり、投資に関係するニュースを取り上げたりしています。よろしければフォローをお願いします!

 

スポンサーリンク

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村