スパコンSEが効率的投資で一家セミリタイアするブログ

投資に有効な情報を紹介しつつ、子持ち夫婦がインデックス投資”だけ”でセミリタイアするまでの過程を公開しています

「株式投資はギャンブルではない!」と自信をもって断言できますか?

あなたは「株式投資はギャンブルではない!」と自信をもって断言できますか?

 

ちまたでは『貯蓄から投資へ』という言葉がでていますが、それ以前に『投資』という言葉がはっきり定義できていないとは思いませんか?

 

----------

この記事(「金融教育を国家戦略として推進」と金融庁が提言。全世代の個人投資家が対象の壮大なプランでは一体誰が教えるの? 人材不足が大きな懸念)のなかで、

  • 「貯蓄から投機へ」「貯蓄からギャンブルへ」に陥りがちな個人投資家

という文言があり、とてもよいフレーズだと思ったのでちょっと考察していきたいと思います。

 

まず、この文言に対しては「ごもっとも!」というのが第一印象です。

 

とくに、投資に慣れていない個人投資家の多くは『ギャンブル的な投資』にひかれ、実際にそれをしている人が多くいるように感じています。

 

しかし、これを考えるうえでまず重要なことは、

  • 投資とギャンブル(投機)って何が違うんだっけ?

ということです。

 

継続することで、減っていくか?増えていくか?

この点についての違いをあらわすと、

  • ギャンブルとは、お金が増えたり減ったりしながらも、継続することでお金が減っていく行為
  • 投資とは、お金が増えたり減ったりしながらも、継続することでお金が増えていくことが期待できる行為

となり、この区別化は多くの人に同意いただけることでしょう。

 

具体例をあげましょう。

 

ギャンブルってなんだっけ?

ギャンブルにも様々ありますが、多くのギャンブルで共通する点としては

  • 胴元がいて、期待リターンがマイナスになる行為

があり、例えば

  • パチンコ
  • 競馬
  • 宝くじ
  • カジノのゲーム各種

などで、これに異論はないでしょう。

 

投資ってなんだっけ?

反対に投資は、

  • 株式投資
  • 債券投資

などが代表的で、

  • 過去を見ている限り右肩上がりに資産が増えていく行為

が、一般的には当てはまります。

 

とはいえ、よくよく考えてみると、

  • 株式投資や債券投資にも胴元(証券会社)がいる
  • インデックス投資においても胴元(運用会社など)がいる

という事実があり、

  • 『胴元にお金(手数料)を渡している行為』に関しては変わりない

ことも分かります。

 

よって、

  • 株式投資や債券投資であったとしても、期待リターン以上に手数料を支払っている場合は、ギャンブルになる
  • デイトレードのように、頻繁に取り引きすればするほどギャンブルに近づく

とも言えるのではないでしょうか?

 

そして、ここで重要なポイントとなってくるのが「期待リターンって何?」ということです。

 

期待リターンって…?

一般的には、

  • 株式投資における期待リターンは5~7%

と言われていることが多く、私もそのあたりだと考えています。

 

この期待リターンが正しければ、

  • 胴元への支払いが、賭けた金額の10%を超えるような株式投資であれば、それはギャンブルである

となります。

 

しかし、この期待リターンはあくまでも『過去のリターンを参考にしたモノ』でしかなく、この期待リターンがこれからも続く保証はありません。

 

そして、『投資とは、右肩上がりに資産が増えていく行為』と定義するのであれば、

  • 期待リターンが分からない投資(仮)において、『胴元に賭けた金額の○%以上の手数料が取られたらギャンブルになる』の『○%』を定義することが困難である

ということになります。

 

具体的には、

  • 将来のリターンが2%であれば、胴元に元本の3%を支払っている行為はギャンブルといえる
  • 将来のリターンが5%であれば、胴元に元本の3%を支払っている行為は投資といえる

ということになります。

 

つまり、

  • 将来のリターンが不明である以上、ギャンブルなのか投資なのかを判断することが難しい

ということです。

 

これは、見かたを変えると、

  • 『胴元への支払い』が増えれば増えるほど、ギャンブルに近づいていく

とも言えます。

 

これを株式投資にあてはめた場合、『胴元への支払い』は『売買手数料』や『信託報酬』にあたりますので、

  • 繰り返し取引をすることで『売買手数料』が積みあがっていけば、ギャンブルになる可能性が高くなっていく
  • 投資先の投資信託の『信託報酬』が高ければ高いほど、ギャンブルになる可能性が高くなっていく

ことになります。

 

よって、期待リターンが不明である以上「株式投資はギャンブルではない!」と断定することはできませんが、

  • 『余計な売買をしない』『低い信託報酬の商品を選ぶ』ことによって、お金を増やすことができる『投資』に近づくことができる

というわけです。

 

さて、最後に「それ以前に『株式投資』って何でお金が増える前提なんだっけ?」ってところをおさらいしましょう。

 

「株式投資はギャンブルではない!!」

株式投資は、

  • 企業にお金を渡すことで、お金に『お金を増やそうと働いてくれる労働力』が働くようになる
  • 『労働』によってお金が減ることもあるが、多くの場合では増えていくことが期待できる

といった類のモノです。

 

しかし、『お金が増える』といっても、『投資したお金が、増えたうえで投資家のもとに戻ってくる』とは限らず、

  • 投資したお金が、投資先企業の中だけで増えていく

ということもありえます。

 

というのも、株式投資は

  • 投資先の企業が大きくなっていっても、株主への配当が増えていくとは限らない
  • 投資先の企業が大きくなっていっても、株価が上がるとは限らない

という性質があるためです。

 

よって、数年単位では

  • 企業は成長しているくせに、まったく株主が儲からない

なんてことはザラにあります。

 

しかし、

  • 企業が大きくなり続けているのにも関わらず、いつまでたっても株主への還元がないというケースはごくマレ

です。

 

よって、

  • 株式投資は、短期的にはギャンブル、長期的には投資

ということになるわけです。

 

これが理解できていれば、「株式投資はギャンブルではない!」と言えるのではないでしょうか。

また、『株式投資』と『ギャンブル』の違いを明確にでき、『投資もどき』に手を出さずに済むのではないでしょうか。

 

では、仮想通貨や金への投資(仮)はどうなのでしょうか?

説明するまでもなく、お分かりですよね。

 

『貯蓄から投資へ』を確実に実行するためには、まず『投資とはなんぞや?』を明確にする必要があると思い、ツラツラと書かせてもらいました。

 

 本記事の内容が、本ブログの賢明なる読者達に届けば幸いです。

 ------

あなたのクリックが本ブログの順位を左右します!以下バナーをクリック頂けると嬉しいです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

  

 ツイッターでは記事の公開を通知したり、投資に関係するニュースを取り上げたりしています。よろしければフォローをお願いします!

 

スポンサーリンク

 

PVアクセスランキング にほんブログ村 稼ぐブログランキング