スパコンSEが効率的投資で一家セミリタイアするブログ

投資に有効な情報を紹介しつつ、子持ち夫婦がインデックス投資”だけ”でセミリタイアするまでの過程を公開しています

『為替ヘッジあり』って為替変動によるリターンもヘッジするのね。そりゃそうですよね。

投資信託には『為替ヘッジあり』となっている商品がありますよね。

 

私のイメージでは、

  • 為替ヘッジありの商品=信託報酬は高いけど、為替変動によるダメージがない『安全な商品』

という認識でしたが、現実はそうではないようです。

 

というのも(あたり前すぎますけども)

  • 『為替ヘッジあり商品』は、最近の円安、株安によって大きなダメージを受けた

という事実があるからです。

 

実際に、ここ3年間の『iFree 外国株式』をヘッジあり、なしで比較すると、こんな感じで、

  • 為替ヘッジなしの3年リターン:54.47%
  • 為替ヘッジありの3年リターン:30.87%

と、かなりの大差をつけて『為替ヘッジありの大敗』となっています。

 

『iFree 外国株式』は、その名の通り外国株式に投資するファンドで、その外国株式はここ最近はボチボチ下落してきています。

 

しかし、その下落を帳消しにするくらい円安が進んでいるため、『為替ヘッジなし』は円ベースで見る資産を減らさずに済んでいます。

 

『ヘッジ』とは『回避』を意味するので、

  • 『為替ヘッジあり』とは、為替の変動によるダメージを回避する商品

と、勝手なイメージを抱いていましたが、実態は、

  • 『為替ヘッジあり』とは、為替の変動によるリターンも回避する商品

だったというわけです。

 

為替ヘッジありの商品は、信託報酬が高くなる(ことが多い)のでまともに見ることすらなかったので間違ったイメージを抱いていました…。

 

いや、本当にあたり前のことなんですけど、盲点だったなぁ…。

 

 本記事の内容が、本ブログの賢明なる読者達に届けば幸いです。

 ------

あなたのクリックが本ブログの順位を左右します!以下バナーをクリック頂けると嬉しいです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

  

以下は関連記事です。よろしければご参照ください。

 

 ツイッターでは記事の公開を通知したり、投資に関係するニュースを取り上げたりしています。よろしければフォローをお願いします!

 

スポンサーリンク

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村 稼ぐブログランキング