スパコンSEが効率的投資で一家セミリタイアするブログ

このブログは「投資は儲かるぞ!」ということを世間に広め、投資長者を少しでも増やそうと『再現可能な投資法』を紹介するブログです。 また、筆者スパコンSEが「2024年(41歳)でセミリタイア(FIRE)」という計画の進捗を公開するブログでもあります。

株価が下がってきていますが、喜べていますか?

ボチボチと株価が下落してきて、ここ1年以内に投資を始めたような人はトータルリターンがマイナスになっているかもしれません。

 

このチャンス、ちゃんと歓迎できていますか?

 

『株価が下落してきた』ということは、『同じ商品を、いままでよりも安く買えるようになった』ことと同じです。

 

日常生活に置き換えるのであれば、

  • 毎日コンビニで買っていた200円のビールが、180円で売られるようになった

と同じ現象といえ、喜ぶ以外の選択肢はありません。

 

とはいえ、値下げにあわせて商品の『価値』が減少したのであれば喜ぶことはできません。例えば、

  • 毎日コンビニで買っていた500mlで200円のビールが、300mlで180円になった

のであれば、値下げ以上に『価値(中身)』が減少しているので、悲しむべき出来事でしょう。

 

しかし、今回の株価の下落によって、企業の価値は減少したのでしょうか?

 

「利上げによって、企業のこれからの儲けが減るわけだから、『価値』は下がったのだ」

ということもできますが、私はそうは思いません。

 

私は、企業の『価値』が

  • 持っている設備
  • 蓄積された技術力
  • 人材

といった『企業の資産』と言えるものにあると考えており、これらは『株価の下落』や『利上げ』によって価値が下がるモノではありません。

 

インデックス投資の基本ともいえる『長期投資』をするのであれば、『これから10年、20年後に儲けることができているかどうか』で投資の判断をすることになります。

 

そして、その長期戦において、

  • 短期的にコロコロと変動する金利やインフレ率によって、企業の『長期的な価値』まで変動すると考えるのはバカげている

というわけです。

 

よって、上であげた『企業の資産』が『企業の価値』であると考えています。

 

まとめると、

  • 利上げによって企業の儲けが減ったところで、企業の『価値』は下がらない
  • 株価が下落したということは、一定の価値の商品が以前より安く買えるようになったということ
  • つまり、お得に投資できるようになってきた

ということです。

 

これは喜ばずにはいられない状況ですね。

 

-------

ちなみに、この記事を公開するかどうか、少し悩みました。

 

というのも、本音では

「ほとんど株価は下がってないし、これくらいで『喜べ』と言うのはなんだかなぁ…」

「この程度でこんな記事を書いていたら、まとまった下落があった時にはどんなテンションで記事を書けばいいのよ…」

「もっと大きな下落が待っているかもしれないのに、この記事を読んで『今がチャンス!』と入金を加速する人が出たらいやだなぁ…。」

などと思っているからです。

 

しかし、

  • SNS界隈でちょっとした騒ぎになっている
  • 知人の中に、去年から投資を始めた人が何人かいる

ので、「たいしたことないよ~」と伝えるがために、この記事を書くことにしました。

 

もし、あなたが不安な感情を抱いており、この記事を読んだことで少しでも安心してもらえたのであれば幸いです。

 ------

あなたのクリックが本ブログの順位を左右します!以下バナーをクリック頂けると嬉しいです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

  

以下は関連記事です。よろしければご参照ください。

 

 ツイッターでは記事の公開を通知したり、投資に関係するニュースを取り上げたりしています。よろしければフォローをお願いします!

 

スポンサーリンク

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村 稼ぐブログランキング