スパコンSEが効率的投資で一家セミリタイアするブログ

このブログは、2024年(41歳)でセミリタイアする予定のスパコンSEが『コスパ重視で再現可能な投資』『人生をラクに生きるための方法』『投資・経済に関連する用語』などを解説・紹介しています

2021年の投資成績を公開

2021年も終わりということで、今年の投資成績、資産の推移の総括をしたいと思います。

 

まずは直近1年間(2020年12月~2021年12月)の変化を並べていきます。

※()内は差分です。

 

  • 投資元本 : 1769万円 → 2532万円(+769万円)
  • 評価益  :   315万円 → 1017万円(+702万円)
  • 総資産額 : 2078万円 → 3549万円(+1471万円)

 

( ,,`・ω・´)ンンン?

 

(´・ω`・)エッ?

 

(;´・ω・)ウソ-

 

と、珍し顔文字を使ってしまうほどおどろきの結果でした…。

 

このブログで資産の推移を公開しているので、毎月のように状況を整理し

「かなり順調に推移してるなぁ…」

とは思っていましたが、これほどとは…。

 

まず『投資元本』について解説していきます。

 

投資元本が異常に増えた要因は…

ここでいう『投資元本』とは、純粋に『投資に突っ込むことができたお金の総量』のことで、ほとんどは『給与から生活費を引いたもの』になります。

 

現在の投資元本の合計は、2532万円で、今年1年間だけで769万円増えました。

 

我が家(共働き)の手取り収入は、およそ800万円くらいなので、これだと

  • ほぼ全ての労働収入を投資につっこんでいた = 1年間の生活費は31万円だったの?

と、おかしなことになってしまいます。

 

で、色々と振り返ってみると、

  • 太陽光発電による収入
  • 新型コロナ対策の給付金
  • 保険の解約金

などによる収入があったので、769万円という巨額になったことが分かりました。

 

なので、これら収入を除くと

  • 労働収入によって得た賃金(800万円)から450万円程度を投資につっこむことができた
  • つまり、年間の生活費は350万円くらいだった

ということになります。

 

…なかなかですね!!!

 

生活費がここまで抑えられたのは、『新型コロナによって、旅行などの娯楽費が減少した』ことが要因ですが、

  • 手取り収入の56%を投資にまわすことができた

という結果は、われながら素晴らしいと思います。

 

この調子で続けていきたいと思います。

 

しかし、問題は『評価益』です。

 

評価益が増えすぎでしょう…

これは、『投資によってどれだけお金が増えたか?』で、いわゆる『投資リターン』です(売っていないので『”評価”益』です)

 

現在の評価益は1017万円で、今年1年間だけで702万円増えました。

 

私の投資スタイルは『全世界インデックス投信を買うだけ』なので、『素晴らしい投資手腕によって、大金を稼ぎ出した』わけでは一切なく、

  • 買って、放置してたら、702万円増えた

というだけです。

 

この要因は言うまでもなく

  • 世界中の株価が順調に推移していたから

です。

 

せっかくなので、『世界の株価』の代表とも言えるVTの過去10年間の推移を見てみると、こんな感じでした。

f:id:hyoshionnu:20211217182811p:plain

※赤点線枠は直近1年間です。

 

これを見てどう思いますか?

「順調に増えているなー。」

「これからも上がっていきそうだなー。」

と思いますか?

 

これだけだと分かりづらいので、指数近似曲線を追加してみましょう。

f:id:hyoshionnu:20211217183740p:plain


正直に言って、私はこれを見て「バブルかな?」という感想を持ちました。

(もちろん、近似曲線だけで株価を測るのはバカげていますが、あまりにも乖離している)

 

よって、

「2021年は放置してたら700万円以上増えたけど、バブルかもしれないから来年は増えないかもなー」

なんて思ったりしています。

 

投資による利益なんて一時的なモノなので、これに一喜一憂しないようにします。

 

で、最後に『総資産額』です。

 

総資産額は増えたなぁ

これは、『総資産』と言いつつも、

  • 不動産
  • 住宅ローン

を除いた資産額の合計で、これの99%は『投資信託』で構成されています。

 

ざっくりですが、

  • 不動産:3000~4000万円
  • 住宅ローン:2000万円

くらいなので、これらを含めると総資産額はもう少し増えることになりますが、家を売る気はないなので、今回の計算上では無視しています。

 

で、この総資産が1年間で1471万円増えていました。

 

要因は、ここまでに書いた

  • 多くの元本を捻出できた
  • 投資益がすごかった

の2点です。

 

で、ここから考えねばならないのは

  • 最近は「資産が3000万円以上あるのが普通」だと感じているが、1年前にはたった2000万円しかなかった

という事実です。

 

『株価は上がったり下がったりを繰り返しながら、長期的には右肩上がりに増えていく可能性が高い』わけなので、

  • ここ1年間という短期間で、700万円も増えた

ということは、

  • 少し調子が悪くなれば、700万円くらいの減少は余裕でありうる

とも言えるのではないでしょうか?

 

また、いわゆる『暴落』のように、人々がパニックにおちいって株が売られるようなケースになれば、株価が半分程度になるようなことはザラにあります。

 

つまり、

  • いまは運よく3500万円の資産があるが、ちょっとした暴落が起きたら資産額が2000万円を下回ってもおかしくない程度の資産しかない

とも言えます。

 

であるのにも関わらず、「資産が3000万円以上あるのが普通」と考えているのはちょっと危険な気がするので、気を引き締め直しす必要がありそうです。

 

まとめ

といった感じで、2021年の投資生活を振り返ってみました。

 

結果は、

  • 投資元本 : 1769万円 → 2532万円(+769万円)
  • 評価益  :   315万円 → 1017万円(+702万円)
  • 総資産額 : 2078万円 → 3549万円(+1471万円)

と絶好調な1年間でした。

 

この記事を通じて、読者の方々に知ってもらいたいのは、

  • 『インデックス投資』という誰にでもできる投資でさえ、これくらいのリターンを手に入れることができる
  • ただし、2021年は好調だっただけで、将来のリターンを語る根拠とはならない
  • 株価は『収斂』していく性質を持っているので、好調期のあとには不調期がくる可能性が高い

ということです。

 

ただし、長期的に見れば

  • 『株式投資』とは『経済の発展、人々の努力による成果に期待してお金を投じるコト』であるため、成功する可能性が高い

ということに変わりはないため、余計なことを考えることなくタンタンと投資を続けていくことが、個人投資家が成功する道だと私は考えています。

 

 本記事の内容が、本ブログの賢明なる読者達に届けば幸いです。

 ------

あなたのクリックが本ブログの順位を左右します!以下バナーをクリック頂けると嬉しいです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

  

以下は関連記事です。よろしければご参照ください。

 

 ツイッターでは記事の公開を通知したり、投資に関係するニュースを取り上げたりしています。よろしければフォローをお願いします!

 

スポンサーリンク

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村 稼ぐブログランキング