スパコンSEが効率的投資で一家セミリタイアするブログ

このブログは「投資は儲かるぞ!」ということを世間に広め、投資長者を少しでも増やそうと『再現可能な投資法』を紹介するブログです。 また、筆者スパコンSEが「2024年(41歳)でセミリタイア(FIRE)」という計画の進捗を公開するブログでもあります。

【人物紹介】ゴールドマン・サックスのCEOデイビッド・ソロモンとは

デイビッド・ソロモンは、1962年生まれのユダヤ系アメリカ人で、2018年からゴールドマン・サックスのCEOを務めていながらも、EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック) を作成するミュージシャンでもあります。

 

近代の投資について学んでいると、必ずゴールドマン・サックスが登場してきます。

そのゴールド・マンサックスを理解する上で、CEOであるデイビッド・ソロモンについて学んでおくことは重要なポイントとなります。

 

よって、この記事では、ゴールドマン・サックスの現CEOであるデイビッド・ソロモンをを紹介していきたいと思います。

 

デイビッド・ソロモンの経歴

f:id:hyoshionnu:20220413154308p:plain

※本人のTwitterより

まずはデイビッド・ソロモンの個人情報から紹介します。

  • 1962年、ニューヨーク州ハーツデール生まれ(金融系著名人あるあるなユダヤ系です)
  • 父アランは出版社の副社長、母サンドラは聴覚障害のスーパーバイザーとして働いていた
  • エッジモント中学校・高等学校卒
  • ニューヨーク州クリントンのハミルトン大学を1984年に卒業し、政治学と政府の学士号を取得
  • 大学ではラグビーチームに所属
  • 1987年(27歳)の時に、メアリーエリザベスと結婚(2018年に離婚)
  • 2004年(41歳)に、400万ドルの住宅を購入(2016年に3600万ドルで売却)

経歴ではないので羅列はしませんでしたが、

  • 大学卒業後にゴールドマンサックスのアナリスト職に応募するも、不採用となった

という残念なこともありました…。

 

そのデイビッド・ソロモンが後のCEOになるとは、ゴールドマン・サックスの誰もが思いもしなかったことでしょうw

 

デイビッド・ソロモンの職歴

続いて、主な職歴を見ていきましょう。

  • 1986年にドレクセム・バーナム(投資銀行)に入社
  • のちにベアー・スターンズ(投資銀行)に移籍し、ジャンク債部門の責任者に就任
  • 1999年にゴールドマン・サックスに移籍(36歳)
  • 2006年から投資銀行部門のCEOに就任(43歳)
  • 2016年にドナルド・トランプ政権の最高経済顧問に就任(53歳)
  • 2017年からCOO社長兼最高執行責任者に就任(54歳)
  • 2018年3月には副社長に就任(55歳)
  • 2018年10月からゴールドマン・サックのCEOに就任(55歳)

 

36歳でゴールドマンサックスに移籍してから、たったの7年で投資銀行部門のCEO(当時43歳)に就任したという、驚きのキャリアを積んでいますね。

 

また、投資銀行部門のCEO時代には、

  • 利益率を11%→22%に改善、売上を70%向上

というとんでもない実績をあげ、社内での評価を確実なものとしています。

 

そのかいあってか、

  • 2017年、2018年の報酬は1,185万ドル(約14.8億)

と、とんでもない額となっています。

 

また、デイビット・ソロモンは、ロビンフッド財団(ニューヨークの貧困層を援助する慈善団体)の理事も務めているという一面も持っています。

 

デイビット・ソロモンの人物像

デイビッド・ソロモンがCEOに就任する時に、それまでCEOを務めていたロイド・ブランクファインは

デイビットは、ゴールドマン・サックスを率いるのにふさわしい人物です。

デイビットは、このビジネスを成長させる能力を持っており、ゴールドマン・サックスの文化をより強化し、クライアント第一主義を当社の戦略の中心にしました。

 と、デイビット・ソロモンを紹介しています。

 

また、超巨大企業のCEOでありながらも地下鉄で通勤し、フォーチュン誌のインタビューにて

「どうしてみんな地下鉄に乗らないのですか?地下鉄は効率的ですよ。」

と語るような人物です。

 

他にも、

  • ゴールドマン・サックスのドレスコードを緩和し、スーツとネクタイの着用を不要とした
  • 社員の週の最大労働時間を、90→70~75時間に緩和するよう働きかけた
  • 社員の労働時間に気を配り、労働時間が長くなっている社員が帰宅できるよう配慮した

というエピソードからも、デイビット・ソロモンの人柄が分かります。

 

また、

  • プログラマーへの報酬を増やし、システム化に力を入れていた

という、SEである私に刺さるエピソードもありますw

 

音楽活動

また、ゴールドマン・サックスのCEOだけでなく、『DJ D-Sol』の名前で音楽活動も行ってます。

これはただの趣味ではなく、きっちりと収益を出している副業で、過去にはスーパーボウル(アメリカ最大のスポーツイベント)のイベントで演奏を披露したこともあるほどで、

最新曲の『Someone Like You』は、2020 年11月にビルボードのダンスクラブチャートで4位に輝くほどの実力の持ち主です。

 

以下はデイビット・ソロモンのデビュー作『Don't Stop(フリートウッド・マックのカバー)』です(22万回以上再生されています!)

よろしければどうぞ。


www.youtube.com

 

なお、音楽活動で得られたすべての収益は、貧困やコロナなどに関する慈善活動に向けられています。

 

デイビッド・ソロモンの楽曲一覧は以下の通りで、結構な数をリリースしています。

  • 2018:Don't Stop
  • 2019:Feel Alive
  • 2019:Rescue Me
  • 2019:Dzeko & DJ D-Sol - "Down on It"
  • 2020:Electric
  • 2020:Someone Like You
  • 2021:Only a Fool
  • 2021:Learn to Love Me

 

ゴールドマン・サックスのCEOとは思えないほど音楽活動に力を入れていますね…・

 

マイナスな話題

デイビット・ソロモンにとってマイナスな話を挙げると、

  • 2018年初頭に離婚(1989年に結婚)
  • 2018年1月に秘書が120万ドル相当のワインをデイビット・ソロモンから盗み出し逮捕
  • 2018年10月にその秘書が自殺
  • 2021年に1Malaysia Development Berhad scandalによって報酬カット

などなど、「最近はツイてないですね…」と同情したくなるようなできごとが続いています。

 

『1Malaysia Development Berhad scandal』とは、マレーシアとの政治スキャンダルで、デイビッド・ソロモンの報酬が36%もカットされました。

 

真相は不明ですが、デイビッド・ソロモンにとっては災難な事件でした。

 

まとめ:デイビッド・ソロモンの経歴を紹介させてもらいました

最後にまとめると、デイビッドソロモンは

  • 2018年からゴールドマン・サックスのCEO
  • 音楽家としても有名
  • 慈善活動にも積極的

といった人物です。

 

ゴールドマン・サックスは、巨大な力を持っていることから

  • 政府や起業との癒着がひどい企業
  • 金儲けのためには何でもする企業

というマイナスなイメージを持たれることもありますが、CEOであるデイビッド・ソロモンは(少なくとも表向きは)「まともな人物」と言えそうです。

 

よろよろしければ、ゴールドマンサックスの凄さを語ってみる【ヴァンガードやブラックロックと比較】も合わせてご参照ください。

 

出典:

 

 本記事の内容が、本ブログの賢明なる読者達に届けば幸いです。

 ------

あなたのクリックが本ブログの順位を左右します!以下バナーをクリック頂けると嬉しいです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

  

以下は関連記事です。よろしければご参照ください。

 

 ツイッターでは記事の公開を通知したり、投資に関係するニュースを取り上げたりしています。よろしければフォローをお願いします!

 

スポンサーリンク

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村 稼ぐブログランキング