家族でセミリタイア - スパコンSEの効率的投資ブログ

このブログは、2005年から投資をしているスパコンSEのひょしおんぬが「41歳(2024年)でのセミリタイア達成」に向けて投資に奮闘している様や、セミリタイア実現に必要な”投資”に関する情報を発信するブログです

「好業績なのに低株価な企業」に投資しても儲からない、という当たり前の論文を紹介

更新日:2021/3/24

 

「割安な銘柄に投資してもむくわれず、株式市場は深刻な機能不全に陥っている」

という結論を出している、野村アセットマネジメントのファンドマネジャーらによる『バリュー投資の再考』という論文を紹介します。

 

この論文では、1980年以降の日・米の株式市場を調査対象とし、

  • 『1年先の企業の業績を正確に予想できる』という前提のもと、その予想を使って『割安だ』と判断できる銘柄に投資した場合のリターン

を調べました。

 

結果は、

  • 平均すると年利10%超のリターンを手に入れられた(市場平均を超える)
  • ただし、2010年以降はリターンが減少する傾向にあった
  • 特に米国市場では、2019年のリターンがインデックス以下となった

となりました。

 

この『将来の業績に対して株価が低い企業に投資しても儲からない』というのは、 

などを読んだ投資家からすれば「知ってる」の一言で終わる話かもしれませんが、『1年先の企業の業績を正確に予想できる』という常人ならざる力を持っていても、この結果が変わらないのには少々驚きです。

 

この結果には、以下3つの理由があると述べています。

  • 世界経済の成長率低下に伴う、投資マネーの集中
  • パッシブ運用(インデックス投資)の膨張
  • ESGなど、利益以外にも企業価値を判断する材料が増えた

 

世界経済の成長率低下に伴う、投資マネーの集中

世界経済の成長率が低下しつつあることによって、

  • 『安定した企業(世界経済が成長しないと、成長しづらい企業)=割安な銘柄』の魅力が低下
  • 『世界経済と関係なく大きな成長が見込める企業=ハイテク企業など』の魅力が向上

し、投資マネーがGAFAMに代表されるようなハイテク企業に集中しています。

 

つまり、割安な企業は見向きもされず『企業の利益に対してリターンが少ない』という結果を招いています。

 

スポンサーリンク

 

 

パッシブ運用(インデックス投資)の膨張

インデックス投資を活用する投資家が増えたことによって、企業の業績(や将来性なども)を無視して投資されるケースが増え、業績と株価が一致しづらくなりつつあります。

 

とはいえ、インデックス投資はまだまだ主流とは言えず(※)、これによる影響は小さいのではないかと思います。

※主流ではないと思いますが、それを証明する根拠も見つからず…。どなたか、情報をお持ちでないでしょうか?

 

それでも、インデックス投資が広がりつつあるのも確かで、このまま広がり続け、『インデックス投資が当たり前』とすらなってしまえば、

『企業の業績と株価の関連性はひくい』どころか、

『企業の価値と株価の関連性はひくい』とすらなりかねません。

関連記事:インデックス投資がブームになることによる問題を検証

 

とはいえ、そんなインデックス投資が広がれば広がるほど、アクティブ投資が有利となるわけなので、

『インデックス投資が流行りすぎたせいで、企業の価値と株価の関連性がなくなった』という時代はこないとは思いますが。

 

利益や保有資産以外にも、企業価値を判断する材料がふえた

時代の流れがはやくなった昨今では、知的財産が企業の成功のカギとなっています。

またGAFAMのようなハイテク企業は『ためこみ続けているビッグデータ』を武器に戦っています。

 

この『知的財産』や『ビッグデータ』といった『無形の財産』は、企業の会計上に出てくる存在ではないため、今までの判断のしかたでは、『適正な株価なのかどうか』を判断することが難しくなりつつあります。

 

古くからある指標では、『GAFAMは割高』という判定を下されるわけですが、『無形の財産』をもちいて分析すれば『適正な株価』と判断されるのかもしれません。

(無形財産の価値をはかるのは、むずかしいですが…)

 

つまり、『いままでと同じ考え方では、適正価格をはかることが難しい時代』となりつつあるわけで、

  • 古い考え方で『割安だ』と判断した企業に投資したところで、リターンが得られるとは限らない

となるわけです。

 

スポンサーリンク

 

 

というわけで、インデックス投資をしよう

というわけで、『1年先の企業の業績を正確に予想できる』という驚異的な能力をもっていたところで、市場平均を超えるリターンを得るのは容易ではない、という時代となりつつあります。

 

元より投資家が市場平均を超えるリターンを得るためには、かなり高いハードルがあったわけですが、それがさらに高くなったわけです。

 

つまり、

  • (能力や時間のない)平凡な個人投資家にとって、インデックス投資がベターな選択

であることが、さらにハッキリしてきたわけです。

 

というわけで、「これからも自信を持ってインデックス投資を続けていこう」と決意をあらたにしてくれる論文を紹介させてもらいました。

 

 本記事の内容が、本ブログの賢明なる読者達に届けば幸いです。

 ------

あなたのクリックが本ブログの順位を左右します!以下バナーをクリック頂けると嬉しいです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

  

以下は関連記事です。よろしければご参照ください。

 

 ツイッターでは記事の公開を通知したり、投資に関係するニュースを取り上げたりしています。よろしければフォローをお願いします!

 

スポンサーリンク

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村