家族でセミリタイア - スパコンSEの効率的投資ブログ

このブログは、2005年から投資をしているスパコンSEのひょしおんぬが「41歳(2024年)でのセミリタイア達成」に向けて投資に奮闘している様や、セミリタイア実現に必要な”投資”に関する情報を発信するブログです

【検証】コロナ暴落のおかげでリターンが○○倍に

最終更新日:2021/2/26

 

「暴落が資産を作る」とはよく聞く言葉かと思いますが、具体的にどの程度の効果があるのか、コロナ暴落を用いて検証してみたいと思います。

 

『コロナ暴落のおかげでリターンが○○倍に!』と、ちょっとYoutubeっぽいタイトルにしてみましたが、やってることはいつも通りですw

 

最初に結論だけ書いてしまうと、

  • コロナ暴落があったおかげで、リターンが2.8倍にも膨れ上がった!

となりました。

 

もちろん、投資条件などによって大きく変化する結論なので、詳しく解説していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

比較する株価の推移

まず最初に、この検証では『暴落があったケース』と『暴落が無かったケース』を比較するわけですが、

  • 暴落があったケース :現実の推移
  • 暴落がなかったケース:株価が直線的に推移したケース

とし、投資する対象は

  • 全世界株式(MSCI ACWI)へ投資する投資信託

とします。

 

それぞれの基準価格の推移をグラフで見るとこんな感じで、赤線は『暴落がなかったケース』になるので、右肩上がりに直線を描きながら推移しています。

暴落の有無の推移を比較

 

またグラフの通り、比較期間は2020年1月~2021年2月末ごろまでとしています。

(たった1年で暴落が終わってしまったので、比較対象が短期間となってしまったのが残念…)

 

また、投資方法は

  • 毎営業日に1000円ずつ投資

とします。

 

この条件によるシミュレーション結果が以下の通りです。

 

スポンサーリンク

 

 

暴落有無の差によるシミュレーションの結果

まずは、総資産額の推移です。

暴落の有無による資産額の推移の差

毎日1000円ずつ積み立てているので、当然どちらも右肩上がりではありますが、2021年2月末時点では青線=現実の推移(暴落があった)のほうが上回っています。

 

終点(2021年2月末ごろ)の具体的な金額は、

  • 現実の推移:33.5万円(+5.8万円)
  • 直線の推移:29.8万円(+2.1万円)
  • 元本   :27.7万円

となり、暴落があったことで得られたリターンが2.8倍にまで膨れ上がっています。

 

素晴らしい!!

 

これだけだと「どらくらい儲かったかパーセントで見たい」と思う方もいるかと思いますので、『リターン』でも見ていきます。

 

グラフにするとこんな感じ。

暴落の有無によるリターン率の推移

終点のリターン率は、

  • 現実の推移:+20.9%
  • 直線の推移:+  7.6%

となり、暴落によってリターン率が大幅に上昇していることがよく分かります。

 

具体例として年間440万円の投資をしている筆者(ひょしおんぬ)を挙げると

  • 現実の推移:+92.0万円
  • 直線の推移:+33.4万円

となり、まさに「暴落が資産を作る」という言葉通りの結果となっています。

 

まさに『暴落さまさま』といったところです。

 

とはいえ、この検証は、

  • 暴落があっても積立金額を変えずに済んだケース

しか想定していないため、

  • 暴落のきっかけとなったコロナによって収入がストップ、投資ができなくなったケース

には適用できません。

 

このことからも

  • 積立投資はサラリーマン(安定した職)向きの戦術である

ということが再認識できました。

 

サラリーマンの多くは、会社に不満を持ち、ストレスを抱えながら仕事と戦っているかと思いますが、こんな(暴落に遭遇した)ときには

「サラリーマンで良かったなぁ…」

と思うことができそうです。

 

「サラリーマンを続けているうちに、もう一度暴落が来てくれないかなぁ…」

と思う筆者(ひょしおんぬ)でした。

 

 このブログを選び、読んで頂いてありがとうございます!

 本記事の内容が、本ブログの賢明なる読者達に届けば幸いです。

 ------

あなたのクリックが本ブログの順位を左右します!以下バナーをクリック頂けると嬉しいです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

  

以下は関連記事です。よろしければご参照ください。

 

 ツイッターでは記事の公開を通知したり、投資に関係するニュースを取り上げたりしています。よろしければフォローをお願いします!

 

スポンサーリンク

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村