スパコンSEが効率的投資で一家セミリタイアするブログ

このブログは、41歳(2024年)でのセミリタイアを計画しているスパコンSEが『コスパ重視で再現可能な投資』『人生をラクに生きるための方法』『投資・経済に関連する用語』などを解説・紹介しています

確定拠出年金の資産額を公開【12年6か月経過】

最終更新日:2020/12/30

 

確定拠出年金を開始して12年6か月目の運用報告書が届いたので公開します。

 

まずは結果を。

  • 資産評価額:288万円
  • 拠出金累計:204万円
  • 評価損益 :+84万円
  • 加入来利回:+5.57%

 

運用先は

  • DIAM外国株式インデックスファンド(DC専用)
  • MSCIコクサイ連動型インデックス(先進国株式)
  • 信託報酬:0.275%(ほっと低い商品が欲しい…)

に100%預けており、 12年のあいだ何も変えていません。放置したままです。

(途中でマッチング拠出を利用して、拠出金額を増やしましたが)

 

というわけで、完全に”ほったらかし”であるのにも関わらず、

  • 年利5.57%のリターン
  • 資産が1.41倍に増加

という素晴らしい成績を残しているわけなので、これを利用しない手はないと言えそうです。

 

しかし、報告書にあった平均利回りの分布を確認すると、

  • 利回り0.00~1.99%:全体の66%
  • 利回り2.00~9.99%:全体の25%

となっており、『ほったらかし投資で得た5.57%のリターン』でさえ、かなり上位に入る状況となっています。

 

同僚や知人と確定拠出年金の会話をすると

「よく分からないから、100%元本保証型にしているわ」

という声をよく聞くので、そういった人々が2%未満のリターンとなっているのでしょう。

 

もったいない限りです。

 

確定拠出年金は、原則として60歳までは資金を引き出すことができないため、自動的に長期運用になります。

であれば、100%株式でも問題ないと考えられます。

スポンサーリンク

 

 

 

 

というのも『債券』や『元本保証型』の割合を増やすことは、資産額の推移を″おだやか”にする効果があるため、

  • 子どもの教育費を貯める
  • 〇年後に車を買う資金を貯める

といった『お金を使う時期』が(そう遠くない未来で)固定されているケースでは、大きな役割をになってくれます。

(お金が必要となった際に、株価の暴落があって『子供の教育費が払えない…』とならないよう)

 

しかし、確定拠出年金は(多くの人にとって)長期投資となるため、最も大きなリターンが期待できる『株式』に全額つっこんでしまっても問題ありません。

 

過去の実績を見る限り、10年以上に渡って株式投資を続けていれば、リターンがマイナスとなるケースはほとんどありません。

(『将来も確実にそうなる』とは言い切れませんが)

 

また、株式投資にとってもっとも問題となる行動は、

『暴落時に怖くなって逃げ出してしまうこと』

ですが、確定拠出年金はその危険性が低いです。

 

というのも、確定拠出年金は(良くも悪くも)『資産の入れ替えなどの手続きがめんどくさい、変え方が分かりづらい』という特徴(?)を持っているため、暴落によって資産がマイナスになってしまったところで、『そのまま積立投資を続ける』という選択肢を取りやすい制度となっているためです。

(元本保証100%だった妻の投資先を変更した経験より…)

 

よって、確定拠出年金では『ハイリスクハイリターンな株式』が選びやすいわけです。

 

以上のことから、多くのサラリーマンにとって『確定拠出年金は超優秀』といえるわけですが、多くの人が『元本保証型』や『債券比率の高い投資』を選んでいるのが非常に残念なところです。

 

というわけで、これからも本ブログでは株式投資の有益さをアピールし、多くの人がゆとりある老後を過ごせるよう、ひいては日本全体が豊かとなり、私の暮らしやすい国となるよう、努力していきたいと思います。

 

 本記事の内容が、本ブログの賢明なる読者達に届けば幸いです。

 ------------

 ツイッターでは記事の公開を通知したり、投資に関係する記事を取り上げたりしています。よろしければフォローをお願いします!

本記事が少しでも良かったと思って頂けたら、以下バナーを1日1回クリック頂けると嬉しいです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

※上のリンク先からは、本ブログの人気ランキングもご確認頂けますのでぜひ!

  

関連記事

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村