スパコンSEが効率的投資で一家セミリタイアするブログ

このブログは、41歳(2024年)でのセミリタイアを計画しているスパコンSEが『コスパ重視で再現可能な投資』『人生をラクに生きるための方法』『投資・経済に関連する用語』などを解説・紹介しています

三菱サラリーマン並みの生活を一般サラリーマンがしたらどうなるか検証

 

この記事では、30歳でFIRE(アーリーリタイア)を達成した『三菱サラリーマン』こと穂高氏と同じような生活を一般サラリーマンが送ったら、

  • どれくらいの収入があれば
  • どれくらいの資産が貯まって
  • 実際にFIREできるのか?

について、検証していきます。

参考記事:【要約】本気でFIREをめざす人の為の資産形成入門 著:穂高唯希

 

というのも、

三菱サラリーマンは高収入だから30歳でFIREを達成できたんだ!一般人には無理だ!

という批判を目にしたことがあるのですが、筆者は

「そんなことないでしょうに…」

と考えているからです。

 

おそらく、こういった批判をしている方のほとんどは、

『具体的な数値を使った計算をせず、感覚だけで否定している』

と考えられるので、、この記事の中でリアルな数値を使って、『本当にFIREできるのか?』を検証していきたいと思います。

 

なお、先に結論を書いてしまと、

  • 一般サラリーマンが三菱サラリーマン氏並みの生活をすれば、投資リターンが低くても余裕でFIREを達成できる

と言えそうです。

 

<目次>

 

三菱サラリーマンの生活を一般サラリーマンに適用 

三菱サラリーマンのスタンスに一般サラリーマンを適用

まずは、検証の前提条件です。

 

三菱サラリーマン氏は、

  • 収入の8割を投資に投入
  • 割と高収入(らしい?)
  • FIRE達成時の資産額7000万円
  • アメリカ株へ分散投資していた

ということなので、仮に以下の通りとします(勝手な想像)

  • 平均年収  :800万円(入社時600万円、30歳時1000万円)
  • 平均手取り :600万円
  • 年間投資金額:480万円
  • 年間生活費 :120万円(月10万円)
  • 投資リターン:10%(年平均)

ここ10年超はアメリカ株投資が絶好調だった(年10%リターン)ので、それに合わせて資産の推移をグラフ化すると、以下グラフの通り30歳時点で『FIREを達成できた!(7000万円の資産を手に入れた)』と言える水準にまで資産が増えることが分かります。

資産額の推移

 

では、一般サラリーマンの前提条件を出していきます。

 

本当なら、三菱サラリーマン氏に合わせて『収入の8割を投資』としたいところですが、さすがに厳しいので

  • 年間の生活費を三菱サラリーマン氏に合わせる(120万円)

こととし、

  • 平均レベルの収入のサラリーマンが年間120万円で生活したらどうなるのか

とし、前提条件を以下の通りとします。

  • 20代の平均年収:350万円
  • 手取り年収  :280万円
  • 年間生活費  :120万円(三菱サラリーマン氏と同じ生活)
  • 年間投資金額 :160万円

30代になると以下のようになります。

  • 30代の平均年収:450万円
  • 手取り年収  :350万円
  • 年間生活費  :120万円(三菱サラリーマン氏と同じ生活)
  • 年間投資金額 :230万円

 

この条件であれば、『手取り年収の43~65%を投資に当てる』ということになるので、「それ程ムチャではない」という感想を持ちます。

 

というのも、『自分の生活水準は、自分の置かれている環境に左右される』ものなので、

  • 高収入を得られる職場で働く人が、年間120万円で生活する

よりも

  • 並みの収入しか得られない職場で働く人が、年間120万円で生活する

ほうが、容易であると言えるためです。

 

さて、前置きは以上にして、実際に検証していきたいと思います。

 

投資による年間リターンが10%の場合

まずは、年間リターンを10%と想定した場合のシミュレーション結果です。

年間10%のリターンで一般リーマンの場合

三菱サラリーマン氏と比べると、一般サラリーマンの収入の増加ペースはゆるやかとなっていますが

  • 37歳時点で、7000万円の資産を作ることができた

という結果になりました。

 

よって、昨今の株式投資による高リターンが続けば、

  • 三菱サラリーマン並みの生活をすれば、30代でFIREを達成できる

ことは間違いありません。

 

とはいえ、『年間10%のリターン』は歴史的に見ても高いリターンであり、今後も続く保証はないため、『7%』『5%』『3%』のリターンでも見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

一般サラリーマンのリターン毎の資産額推移

検証結果はこんな感じです。

一般サラリーマンのリターン毎の資産額推移

具体的な数値を並べると

  • 年利10% 35歳:5394万円 40歳:10231万円 
  • 年利  7% 35歳:4291万円 40歳:  7434万円 
  • 年利  5% 35歳:3699万円 40歳:  6055万円 
  • 年利  3% 35歳:3199万円 40歳:  4966万円

となります。

 

以下記事でもまとめさせてもらった通り、筆者は

  • 40歳独身であれば3000万円もあればFIRE可能

と考えているので、

  • 年間3%のリターンがあれば、40歳時点では余裕FIREを達成できる

ということが分かります。

参考記事:40代独身がセミリタイアするにはいくら必要?

 

なお、上記の『40歳独身、3000万円でFIRE可能』は、『40歳で収入ゼロとなったケース』を想定していますが、

  • バイトやブログ、Youtubeなどによって、少しでも収入があれば、もっと少ない資産でセミリタイア可能

ということも覚えておいてください。

(詳しくは上のリンク先をご参照ください)

 

スポンサーリンク

 

結論:一般リーマンでもFIREは余裕で達成できる

ここまで記事にさせてもらった通り、

  • 一般サラリーマンが三菱サラリーマン氏並みの生活をすれば、投資リターンが低くても40歳で余裕でFIREを達成できる

という結論となりました。

 

このブログでも繰り返しのように言及していますが、

  • しっかりと節約(支出の最適化)して、しっかりと投資すれば誰にでもFIRE可能

であることは間違いありません。

 

そして、それを達成できるかどうかは『本人のやる気次第』となります。

 

「FIREしたいけど、そんなの無理だよ…」と根拠なく考えている方が、この記事や、穂高氏の本気でFIREをめざす人の為の資産形成入門 を読んで「FIRE目指したろ!」となってくれれば嬉しいです。

 

なお、筆者は

  • 一般サラリーマンがする投資は、インデックス投資がベスト

と考えています。

興味がある方は、こちらの記事もご参照ください。

 

 本記事の内容が、本ブログの賢明なる読者達に届けば幸いです。

 ------

以下は関連記事です。よろしければご参照ください。

 

あなたのクリックが本ブログの順位を左右します!以下バナーをクリック頂けると嬉しいです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

  

 ツイッターでは記事の公開を通知したり、投資に関係するニュースを取り上げたりしています。よろしければフォローをお願いします!

 

スポンサーリンク

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村