投資信託でセミリタイア - パパSEのブログ

投資信託へ投資するパパSEが40代でのセミリタイアを目指し、実践している投資手法、投資成績や節約術を記事にしていきます。2020年1月時点(計画立案から3年)で1700万円の資産形成に成功しました。

【悲報】ジム・ロジャーズ「2020年から世界の景気が悪くなる」

最終更新日:2020/2/20

 

世界3大投資家の一人と言われる(自称する?)ジム・ロジャーズ氏が「2020年から世界の景気が悪くなる」との発言をしています。

 

2019年から2020年にかけては、米中貿易摩擦や新型肺炎(コロナウィルス)といった世界規模の問題が発生し、未だ解決の糸口は見えていません。

 

それでも世界の株価は上昇しており、NYダウをはじめ過去最高値を更新し続けている市場も多くあります。

 

ある意味で「熱狂し過ぎている」とも考えられる現状で「そろそろ暴落するのではないか」と心配している投資家も多くいると思いますので、ジム・ロジャーズの意見を参考に今後の株価を予想してみたいと思います。

 

【悲報】ジム・ロジャーズ「2020年から世界の景気が悪くなる」

 

【悲報】ジム・ロジャーズ「2020年から世界の景気が悪くなる」

 

ジムロジャーズは以下理由から世界の景気悪化を予想しています

  • トランプ大統領が今後も貿易対立を引き起こす
  •  アメリカの好景気が史上最長(10年)続いており景気循環で不景気となる
  • ヨーロッパ各国の政治的不安定

…うんうん。

 

何となく納得できるので一つずつ取り上げてみます。

 

トランプ大統領が今後も貿易対立を引き起こすこと

 2019年の大きなトピックスとして米中貿易摩擦がありました。

 

この件は未だに完全な解決はしておらず、両国の態度によっては事態を大きく悪化させる恐れがあります。

 

また、トランプ大統領は同様の対応を中国以外にも取っていくことが予想され、日本も例外ではありません。

 (むしろ既に厳しい対応を何度も迫られています)

 

しかし、この貿易対立はトランプが大統領となった2017年より繰り返されていますが、それでも世界経済は発展を続けています。

 

よって、これだけが世界経済の悪化を予想する理由とはなり辛いと考えられます。

 

アメリカの好景気が史上最長(10年)続いており景気循環で不景気となる

リーマンショックから復活した以降はアメリカに関わらず世界中の多くの国で好景気が続いています。

 

よって

そろそろ不況になるんじゃないの?

過去の歴史振り返ったらそんな感じするじゃん?

というのがジム・ロジャーズ の主張です。

 

確かに歴史的に見て、好景気がいつまでも続くことは考えられません。

 

好景気が続けば政策金利を引き上げることとなり、それがきっかけで経済停滞が始まることは過去の歴史が証明しています。

 

しかし、それが2020年から開始するかどうかを予想することは困難で、もしかしたら今後10年間の好景気が続いた後に景気の悪化が始まるかもしれません。

 

よって、現時点では将来を悲観する必要はありません。

 

ヨーロッパ各国の政治的不安定

ブレグジット問題を筆頭に、ヨーロッパでは政治家の対極化が起きており、これから不安定化が進むと予想されています。

 

また、ジムロジャーズは

ヨーロッパ各国は国レベルでも市レベルでも大きな負債を抱えており、

将来に対して悲観しています。

と語っており、

現時点ではヨーロッパに投資をするつもりはない。

とも言っています。

 

ただし、これらも今に始まったことではなく、数年前より懸念されている問題です。

 

ヨーロッパ経済が停滞することで、世界経済への影響は大きく後退することが予想されますが、それでも世界経済は発展を続けています。

 

他にもジムロジャーズは警告している

 他にもジム・ロジャーズは以下のような発言をしています。

  • 中国の成長は今後も続く
  • インドは中国ほどの発展はしない
  • 日本は東京オリンピックの弊害に苦しむこととなる

 

これまでに挙げた発言を「ジム・ロジャーズの本音」と受け取るか、「ポジショントーク(自分の投資を有利にするためのは発言)」 と受け取るかは個人の自由です。

 

どちらにせよ現時点で言えることは

  • 過去の歴史から見て好景気が永遠に続くことはない
  • ただし、長期的目線で見れば世界経済は成長を続けている

の2点かと思います。

 

いつか必ず景気が低迷する時がくる

いつか必ず景気が低迷する時がくる

 

ジム・ロジャーズも警告している通り「景気は循環する」ものであることは歴史からも明白で、「今回の好景気は永久に続く」と考えるのは愚かな考え方です。

 

しかし、一般投資家が景気悪化(株価暴落)のタイミングを読むことは困難であるという事実から「暴落する前に投資資産を売ってしまおう」という考えは、機会損失につながり、自身の投資成績を悪化させることとなりかねません。

(景気悪化が1か月後であれば”売却”は正解ですが、景気悪化が10年後であれば”売却”は大失敗となります)

 

 

何があっても世界経済は長期的に発展を続ける

 繰り返すようですが「歴史を見る限りどれだけの経済危機が発生しようとも、世界経済は発展し続けている」のは事実です。

 

また、以下記事でもまとめさせて頂いた通り、その経済成長は今後も続くと予想されます。

www.hyoshionnu.com

 

よって、一般投資家は景気の先行き予想に右往左往することなく、どっしりと構えて分散投資をすることが資産形成への近道と言えそうです。

 

なお、ひょしおんぬは以下記事の通り世界分散投資の投資信託を購入することで、自身の資産を増やし続けています。 

www.hyoshionnu.com

www.hyoshionnu.com

 

過去のジム・ロジャーズの発言は以下記事をご参照ください。

【悲報】ばっかですわ…。 

www.hyoshionnu.com

www.hyoshionnu.com

  

 ------

 ツイッターでは記事の公開を通知したり、投資に関係するニュースを取り上げたりしています。よろしければフォローをお願いします!

 

また、本記事が少しでも良かったと思って頂けたら、以下バナーをクリック頂けると嬉しいです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

 

よろしければ以下の関連する記事もご参照ください。

 

本ブログのメインテーマとなる記事です。

平凡なサラリーマンがセミリタイアする方法をまとめてあります。

その気にさえなれば誰にでもセミリタイアできることが理解頂けるはずです。

hyoshionnu.hatenablog.com

 

それではまた

PVアクセスランキング にほんブログ村