投資信託でセミリタイア - パパSEのブログ

投資信託へ投資するパパSEが40代でのセミリタイアを目指し、実践している投資手法、投資成績や節約術を記事にしていきます。2020年1月時点(計画立案から3年)で1700万円の資産形成に成功しました。

第3次世界大戦の開戦で予想されるシナリオ【米がイランへ追加制裁】

 第3次世界大戦の開戦によりAIが急激に発展、経済的には大幅に成長するが職を奪われる人が大量発生し、貧富の格差が拡大する可能性が考えられます。

 

アメリカがイランのNo2であるソレイマニ司令官を空爆により暗殺し、報復としてイラク国内にあるアメリカ軍駐留基地にミサイル攻撃を実施しました。

 

1月9日時点ではアメリカ・トランプ大統領が意外と弱気に「現時点ではアメリカの勝ち」のような発言をしており、このまま騒動は終焉に終わるかにも見えましたが、1月10日にアメリカが「イランへの経済制裁の追加」を発表しました。

 

このまま、アメリカ・イランの対応が激化を続ければ、第3次世界大戦の開戦が現実味を帯びてきいます。

 

<目次>

 

第3次世界大戦の開戦で予想されるシナリオ

f:id:hyoshionnu:20200109220808j:plain

第3次世界大戦が開戦するかどうかを予想することは困難ですが、もし開戦してしまうと世界へ(良くも悪くも)大きな影響を与えることが予想されます。

 

ひねりもなくストレートに予想すると、戦地となった国は経済的ダメージを負うこととなりますが、兵器等の需要が爆発的に伸びることにより、それらを生産・販売している業界は大きな成長を遂げることが予想されます。 

 

過去の世界大戦より学ぶ

過去の世界大戦によってコンピュータ・インターネットが急激に発展したことは有名かと思います。

それは戦争に勝利するため、自国の被害を極力減らすために、国家が莫大な予算をかけ新技術の開発に注力するためです。

 

予想するまでもありませんが、現時点で戦争に向けて開発に注力されると思われる新技術は「AI」です。

AIが発展することで、無人兵器の性能が段違いに向上し、サイバー戦争でも圧倒的に優位となれることが予想されます。

 

また、石油の大生産国であるイランが戦争を始めることで、既に始まっている原油高がさらに進むことが予想されます。

(同じく石油の大生産国であるイラクもアメリカ・イランのゴタゴタの巻き添えを食っており、影響がより大きくなる可能性もあります)

 

それによって、太陽光発電に代表される再生可能エネルギーの開発も進むことも予想されます。

 

AIの発展による影響について

開戦中は高性能となったAIが商用に利用される可能性は低いですが、インターネットの発展同様に、戦争が落ち着いた後には急激に商用利用されることとなりそうです。

AIが急激に発展することでまず真っ先に予想されることは、特定職業のAIによる代替です。

 

AIに代替された職は生産効率が大きくに上昇することで、社会全体の生産効率も上昇することとなり、経済発展に繋がります。

しかし、職を奪われた人は当然収入源を失うコトとなりますので、その経済発展の恩恵を受けられるのは「AIに代替されない職業の人だけ」になることが予想されます。

 

よって、既に問題となっている格差がさらに拡大することとなり、AIに職を奪われた人にとっては厳しい時代となる可能性があります。 

 

サラリーマンにできる対策

AIの発展によって、いずれはホリエモン(堀江貴文さん)の言う「働かなくても生きていける時代」が到達するとも考えられますが、その時代までは生き抜いていく必要があります。

 

そのため、多くのサラリーマンには自衛が求められます。

 

素直に自衛策を検討すると「AIに代替されないスキルを身に付ける」となりますが、そういったスキルを身に付けるのは容易ではないことと、AIがどういった職業を代替できるかは、未だに根拠の薄い予想しかないため、新たなスキルを身に付けたところで無駄となる可能性もあります。

 

そこでお勧めしたいのが、世界分散投資です。

 

世界分散投資の堅実さ

earth

AIの発展により人や企業の格差は拡大することが予想されますが、世界全体で見た生産効率は間違いなく向上します。

 

その結果、世界経済はこれまで以上にハイスピードで発展していくと予想されます

 

自身が世に欠かせない(AIに代替されない)職業に付いているのであれば、世界経済の発展による利益を直接得ることが可能となりますが、そうでない方も世界中の株式に分散投資しておくことで、世界経済の発展の波に乗ることが可能となります。

 

また、「戦争により発展する産業への投資」といった手段も考えられますが、どの産業が発展するかどうかを予想することは簡単ではありません。

 

それは例えば戦争によって、AI以外にも再生可能エネルギー業界が大きく成長することで、太陽光発電関連のメーカが大きく発展することや、リチウムイオン電池が安価に大量生産可能となり、安価で高性能な車だ大量に売れることで自動車業界が大きく潤う、といったことなども考えられます。

 

このように「今後どの産業が発達するか?」を考え出すときりがなく、また素人でも想像可能な「戦争で発展するであろう業界」は、既にプロ投資が目を付けている(株価が上昇している)可能性が非常に高く、今からそれら産業の株を購入しても高値をつかんでしまうことになります。

 

よって、特定の企業や業界、国に絞った投資をするのではなく、世界分散投資をお勧めさせて頂きます

  

まとめ

第3次世界大戦が開戦すると、過去の世界大戦の歴史からAI等の新技術が急速に発展することが予想されます。

また、開戦しなかったとしても「開戦するかもしれない」という予想だけであっても(開戦に備えて)新技術の発展に繋がります

 

その結果、今まで以上の格差社会となる可能性があり、多くの人には自衛が求められます。

自衛手段の一つとして、世界経済の発展にかけた世界分散投資を検討してみてはいかがでしょうか。

 

以下をクリック頂けると大変嬉しく、励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

 

よろしければ以下の関連記事もご参照ください。

 

イランとイラクとアメリカの関係について整理しました。

hyoshionnu.hatenablog.com

  

 

 現在圧倒的に世界1の経済大国と言えるアメリカは、過去の世界大戦を利用して急成長しています。

第3次世界大戦の開戦によって最も利益を上げ、世界の覇者となる国はどこになるのでしょうか。

hyoshionnu.hatenablog.com

 

 

それではまた

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村